ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
人気ジャンル
画像一覧


<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

山菜狩り @ 佐源太マウンテンラボ

d0128163_19595686.jpg


新緑の芽吹きが勢いを増して、ちょこっと留守していた間にすっかり様変わりです!!

d0128163_2385346.jpg

木漏れ日に癒されて友人達とまったりの昼下がり♫



d0128163_2042932.jpg

たらの芽が丁度良かったので、ハサミ代わりにバルタンカット♪


ウドも沢山採れた!!

d0128163_2071762.jpg

さっそく、テンプ〜ラ パーリー開始♪

d0128163_2084728.jpg

山ブドウのツルで編んでいる籠は超高級品なんですよ!
アトリエにお邪魔してちょっこし、見学の図

d0128163_20115469.jpg


田んぼに映りこむ夕景にココロ満たされるのでした♪
by STL3968164 | 2014-05-31 20:13 | 花鳥風月

移動式アジト "コゲンタ"出動=3


d0128163_161083.jpg


冬期間ガレージに格納していたキャンピングトレーラに仮ナンバーを着けて
佐源太マウンテンラボラトリーへ移動します。


d0128163_169303.jpg

連結すると12M越え しかも中折れなんでバックが難しいんです...
保安部品(ウインカーやテールランプ)も問題なく作動♫

d0128163_1620114.jpg

移動式のアジト "コゲンタ" a.k.a " あくまん家" DISKAH デザインは注目度高いようで
小学生やちびっ子の目線をロッキングします♫
(たいがいの小学生はピースや手を振ってくれるので楽しいです=3)

d0128163_16271590.jpg


夏場の定位置    第二サティアンに無事到着!!

気がつくと、ホイールキャップが何処かにぶっ飛んで無くなってるしw

これから会場設営が楽しみです♫
by STL3968164 | 2014-05-28 16:08 | アジト

京都 葵祭 (賀茂祭)

京都三大祭りの一つ葵祭へ...

今回の旅は全てが必然的な流れで、叡山鉄道の貴船口から終点の出町柳駅を降りるとすぐに
下鴨神社があるのでした。
d0128163_18375836.jpg


葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭。石清水八幡宮の南祭に対し北祭ともいう。平安時代、「祭」といえば賀茂祭のことをさしたそうです。
平安時代以来、国家的な行事として行われてきた歴史があり、日本の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されている。

葵の花を飾った平安後期の装束での行列が有名。斎王代が主役と思われがちだが祭りの主役は勅使代である。源氏物語中、光源氏が勅使を勤める場面が印象的である。大気の不安定な時期に行なわれ、にわか雨に濡れることが多いんだってw

そして、この日もにわか雨♫
d0128163_1839776.jpg


下鴨神社
【ご祭神】
賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと) 西殿
玉依媛命   (たまよりひめのみこと) 東殿

むむ♫ 玉依媛命 は先程の貴船奥宮におられた姫ではないですかっ!


賀茂建角身命は、古代の京都をひらかれた神さまです。
山城の国一宮として京都の守護神としてまつられています。
平安京が造営されるにあたって、まず当神社に成功のご祈願が行われました。
以来、国民の平安をご祈願する神社と定められました。
 山城国『風土記』などに、玉依媛命が鴨川で禊(みそぎ─身を清める儀式)をされているときに、
上流より流れ来た丹塗の矢を拾われて床におかれたところ、矢は美しい男神になられ、結婚された。
そしてお子をお生みになったとの神話が伝えられていますので、古くから縁結、子育ての神さまとして
信仰されています。

d0128163_1953870.jpg


d0128163_19534621.jpg

斎王代を中心としてその周囲に、蔵人所陪従、命婦、女嬬、童女、騎女、内侍 、女別当、采女らの華やかで可憐な行列が続く。

全員が化粧を施すものの、斎王代以外はお歯黒を付けない。

d0128163_1956470.jpg


d0128163_19565276.jpg


d0128163_19575534.jpg


出町柳と云えば双葉の大福もちでしょ♫

d0128163_200937.jpg

さまざまな前儀が行われるが、中でも流鏑馬神事(やぶさめしんじ)が有名
しかし、おばちゃん逆向きで目立っとるでっ!

d0128163_2012620.jpg

糺の森(ただすのもり)の真中にある全長500メートルの馬場(ばば)を、公家風の装束姿や武家風の狩装束姿の射手(いて)たちが疾走する馬上から、3つの的を射抜くというものである。

第一走者のあんちゃん、張り切り過ぎたのか、まさかの落馬で恥ずかしそうでしたw

「矢伏射馬(やぶさめ)」とも書かれる流鏑馬は、その文字が示すように矢を射ること。馬を走らせながら正確に的を射抜く高度な技術が必要とされるため、人気の行事の一つであるが
矢を射る形式ではなかったな...


d0128163_2024521.jpg



すっかり満喫した後は、京都駅へ移動=3
d0128163_201039100.jpg


古都にはミスマッチのような気もするが...w
お約束の八つ橋と京ばぁ〜むをGETして帰りませう♫

d0128163_20124673.jpg


それでは、"はくたか"さん宜しくお願い致します=3
by STL3968164 | 2014-05-26 18:35 | 花鳥風月

パワースポット  鞍馬寺〜奥の院〜貴船神社へ

d0128163_1647168.jpg


がぁおおおおお=3    朝5時に狛犬じゃなくて、狛虎のモーニングコールde起床


d0128163_1651858.jpg


立砂(たてずな)盛砂(もりずな)とも云い、
 「たつ」とは神様のご出現に由来した言葉であり神代の昔ご祭神が最初に降臨された場所
 
 円錐形の美しい形の神山(こうやま)に因んだもので一種の神籬(ひもろぎ)
 即ち神様が降りられる憑代(よりしろ:依代)なのかもしれませんね!


d0128163_174042100.jpg

日本直伝霊氣創始者である臼井氏が、修行をしてレイキを体得したのが、京都鞍馬山の
大杉権現という杉木立ち付近と伝えられている。

レイキヒーラーの私は特別な思いがある聖地な訳で...

今回一番高次の波動を感じた場所はココでした♫

耳鳴りも凄く、メッセージが届く感じでしたが理解出来ず... (後にそのメッセージは知る事になるのだが♫)

d0128163_17401873.jpg

d0128163_17454135.jpg

私の大好きな不動明王様が鎮座する奥の院 不動堂の前でマントラを唱えるの図
この六芒星の真ん中で宇宙との交信を試みると云う恒例行事ではあるものの...
やっぱり、ダメだこりゃ!  いつかアガルタのゲートが開く事を願う"飛侶師"おじさん

d0128163_17482220.jpg

金星神霊サナートクマラ”が降臨したという伝承がある魔王殿の下には地下(宇宙)へ通じる入り口がある
らしいよ♫

d0128163_17504082.jpg

約1時間の巡礼を終え、奥の院を下れば、凛とした空気が漂うパワースポット "貴船神社"
に到着=3
d0128163_17583012.jpg

全国に約450社ある貴船神社の総本社である。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」という。
水神である高龗神を祀り、古代の祈雨八十五座の一座とされるなど、古くから祈雨の神として信仰された。水の神様として、全国の料理・調理業や水を取扱う商売の人々から信仰を集めている。

古来より、晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたが、実際の馬に代わって木の板に描いた馬が奉納されたこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われる。

また、縁結びの神としての信仰もあり、小説や漫画の陰陽師による人気もあり、若いカップルや女性で賑わっている。その一方で縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名である。




d0128163_17593519.jpg

おみくじ
神水

貴船神社のおみくじは、くじを引いて巫女に告げるのではなく、一見真っ白に見える紙の中から一枚を選び、境内の霊泉に浮かべると吉凶が解る「水占おみくじ」である。当社のおみくじには「大凶」が本当に存在するが、神社側では「大凶が出たと言っても、その後の人生が決定された訳ではないので、あくまでも『参考程度』に留めて欲しい」と述べている。

d0128163_1883258.jpg


d0128163_189143.jpg

奥宮がここ

奥宮は本宮の上流側700メートルの場所にあり、以前はここが本宮であった。闇龗神(くらおかみのかみ)を祭神とするが、高龗神と同じ神であるとされている。

d0128163_18113124.jpg


ここには、鎮座地となった伝説が残っています。5世紀初め、玉依姫(たまよりひめ)が黄色い船で淀川から貴船川をさかのぼり、たどり着いた場所に社殿を建てました。それが貴船神社の起源だと伝えられています。また、貴船の名前の由来は、姫が乗ってきた黄船にあるという言い伝えもあります。

この黄船を隠すため小石を積み上げたとされているのが、本殿の西側にある船形石(ふながたいわ)。小石は、旅行や航海安全のご利益として持ち帰る人もいるそうです。

この貴船 (黄船) もの凄いエネルギーを観じる場所が2カ所あったッス!


すっかりココロもカラダも癒され満たされてく感覚です♫


ありがとうございます。   合掌
by STL3968164 | 2014-05-25 16:45 | トリップ

聖地 鞍馬寺de ウエサク祭

和歌山の高野山から京都鞍馬山へ...

d0128163_18163721.jpg

今年もお邪魔します、鞍馬の大天狗様〜♫
d0128163_1819941.jpg


なんだか、雲行きが怪しいなぁあああ

本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であります。


d0128163_18194472.jpg

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られる。新西国十九番札所である。
d0128163_1821666.jpg

今年はズルして、ケーブルカーを利用しやした♫
だって、下から登るとなかなかの汗をかくので、学習して今回はワープ♫
d0128163_18232943.jpg


あれ? チビ伽藍的な?    これもお導きかと♫    ご挨拶していざっ入山=3



今宵はウエサク祭 
d0128163_1826466.jpg

んん?   なんか、今年はしょぼい雰囲気だな....


d0128163_18271967.jpg


ウエサク祭の起源

ウエサク祭の起源は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシャーカ (Visakha)月(インド歴第二月)の第一満月の夜であったという伝承から来ており、占星のカレンダーに従って、ウエサク祭の期日は決定されます。

ヴァイシャーカ(Visakha)月の満月は、太陽が雄牛座から登る日(4/21~5/21頃)であり、旧暦では四月十五日になります。
我々が使用している太陽暦(グレゴリオ暦)では四月から五月頃の満月にあたるということから、結果的に概ね五月の満月に当たることになります。
また、ウエサク(Vesak/Wesak)という言葉は、ヴァイシャーカ(Visakha)が変化したものです。

ウエサク祭は仏教がインドから広まったとき、アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカほか)など多くの国の文化に伝播し、それぞれの文化特有の方法で行われています。

鞍馬寺の起源

京都市街の北部に位置する鞍馬山は、鞍馬寺や貴船神社、由岐神社などの有力な社寺を麓に抱え、古くから山岳霊場として知られていました。

鞍馬寺は、奈良時代末の西暦770年に、鑑真の弟子である鑑禎により草創されたとされる由緒ある寺です。その位置は、平安京の真北に位置することから、平安時代には都(みやこ)の北方守護の寺として信仰を集めていました。

また、源義経が幼少のころ、鞍馬の天狗に剣術を習い、五条大橋で武蔵坊弁慶をうち負かしたという伝承でも知られている場所です。

鞍馬寺の尊天

鞍馬寺は、鑑真の弟子である鑑禎により草創され、当初は毘沙門天を本尊とするお寺でした。
現在本殿には、

左手:護法魔王尊(力)
中央:毘沙門天(光)
右手:千手観世音菩薩(愛)

の三体が祀られており、三身一体で「尊天」と呼ばれています。

中でも、護法魔王尊は、魔王尊とも呼ばれ、地球の霊王とされ、650万年前に、金星から地球に降り立った、サナトクラマであると言われています。

d0128163_16442651.jpg

本殿の秘仏の三像が公開されるのは、60年に一度しかありません。
鞍馬寺は、他の仏教寺とは違い、仏教的なエネルギーではなく、宇宙的なエネルギーを強く感じる場所で、鞍馬寺が言うところの「尊天」のパワーを特に感じられる場所です。
d0128163_18283183.jpg


尊天ビーーーーーム!!

d0128163_18291591.jpg

今宵は月が観れません...

d0128163_18301970.jpg


毎年、ココで護摩炊上げしてたのになぁ〜    だいぶ、ハショラレてるし...

瞑想も無かった...

ここ数年来てるけど、これでは盛り上がらないなぁ〜


d0128163_18331862.jpg


しかも、休憩所も使えず、しぶしぶ野宿なのでしたzzz

って云っても寝袋完備だけどね〜

今宵は月のエネルギーを観じて瞑想すっぺzzz
by STL3968164 | 2014-05-24 18:11 | トリップ

聖地 高野山     宿坊体験  桜池院 


d0128163_17253566.jpg

櫻池院について
高野山にある宿坊寺院のうちの一つで、1100年代に、 白河天皇第四皇子覚法親王によって、作られました。
今の本堂の建物は、 当時のものが現存しています。高野山の中では、西の方に位置し、伽藍や霊宝館(宝物館)に近く、 朝夕の散歩に最適のロケーションにあります。
d0128163_17292981.jpg

なんだかワクワクしやす♫

d0128163_17301757.jpg

d0128163_17324649.jpg

桜咲く木の間もれ来る月影に心も澄める庭の池水」と御勅答申し上げられ、後に院号
を櫻池院と改めました。

d0128163_17283941.jpg

ここが今回お世話になるお部屋の全景


d0128163_17331777.jpg

そして、お楽しみの精進料理を堪能♫
精進料理(しょうじんりょうり)とは、仏教では僧は戒律五戒で殺生が禁じられており、大乗仏教で肉食も禁止されたため、僧への布施として野菜や豆類、穀類を工夫して調理した料理であります。

高野豆腐はもちろん、ゴマ豆腐も美味でした!   

d0128163_1738208.jpg


桜池院からは金堂や伽藍も近いのでお月見がてら、お導きのままに、お散歩=3
d0128163_1740887.jpg


幻想的な高野山の夜
d0128163_17411596.jpg


あしたの満月祭(ウエサク祭)に備えて瞑想&月光浴♫ 
月の淡いエネルギーを伽藍で観じる至福のひとときに感謝です。

翌朝...

6時起床    6時半からは本堂にてお勤めです♫
d0128163_17435962.jpg

お大師さまにご挨拶して〜


ここ桜池院には
本尊阿弥陀如来を始め十一面観音、不動明王、秘仏毘沙門天等を有します。

d0128163_1746152.jpg

d0128163_17472619.jpg

ナマ曼荼羅に感激!!

いろは歌のありがたいお話も聴かせて頂き貴重な時間を過ごせました。

いろは歌(いろはうた)とは、すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文のこと。七五調の今様の形式となっている弘法大師様が創られた隠語の和歌だそうで...

    いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山  今日越えて
浅き夢見じ  酔ひもせず


後世にも伝えて行かなければならない素晴らしい歌ですね!
by STL3968164 | 2014-05-23 17:24 | トリップ

聖地 高野山   金剛峰寺DE阿字観

この名称は 元は弘法大師により名付けられた 高野山ー山を
表す総称であった。
d0128163_2315871.jpg


現在は高野山真言宗の総本山の名称となっている。
高野山のすべての土地は金剛峯寺の所有。
d0128163_22585571.jpg

また高野山真言宗の一切の宗務を司る宗務所がおかれている

建物は文禄2年(1592年)豊臣秀吉が母親の菩提のため応其上人に
命じて建立した寺で明治2年までは青巖寺と呼ばれていた。
d0128163_22592698.jpg

落雷により2度焼失、現在の建物は江戸末期の文久3年(1863)
再建
 門(入り口)は 3ケ所
d0128163_2256217.jpg

 壁の白線 はお寺の格を表していて5本は最高位


d0128163_2371785.jpg


蟠龍庭 (ばんりゅうてい)
d0128163_2364038.jpg

日本最大の石庭

金剛峯寺の蟠龍庭は、広さ 2340㎡に及ぶ国内最大の石庭で、雲海の中に雄雌の二頭の龍が奥殿を守っているように表現されている。
弘法大師の出身地、四国産の花崗岩と修行の場である京都の白川砂が使われているそうです。

二頭の龍は奥殿を守り ぐるりと取り巻いているのだとか。

今回の金剛峰寺での目的は阿字観なんです♫
阿字観とは梵字の「阿字」を観想して行う密教の瞑想法です。

「阿字」は大宇宙の本質や根源であるほとけ(大日如来)そのものをあらわします。

修行者はこの尊い「阿字」を眼前に掲げて瞑想をします。

月輪観とは阿字観の全段階の基本的な瞑想法です。

満月をあらわす円と自己との一体化により、月の如く完全で清浄なる境地をめざします。

d0128163_23103524.jpg


己と向き合う素晴らしい時間に感謝です。

ゲンカイハソラマデ...
by STL3968164 | 2014-05-22 22:49 | トリップ

聖地 高野山    壇上伽藍

真言密教の聖地へ
d0128163_23124337.jpg

アウトスペックがコレ!
d0128163_2311392.jpg

中門(壇場伽藍)

壇場伽藍の入り口に建っていた中門は天保14年(1843年)に焼失しましたが、2014年現在、再建の工事が
ほぼほぼ完成してましたが、2015年の高野山開創1200年の大法会までに再建されることが決定されているそうです。
火事の際、なんとか持ち出すことが出来た2体の像の持国天(東)と毘沙門天(西)は、根本大塔に安置されています。


d0128163_23263774.jpg



高野山一山の総本堂である金堂(こんどう)
本尊の薬師如来(秘仏)は、洋彫刻の写実主義に関心をよせ、江戸時代までの木彫技術に写実主義を取り入れて、木彫を近代化することに貢献された、高村光雲仏師によって造立されました。

ある意味、ここに来るべく来た感じかな!
d0128163_23322037.jpg

d0128163_003692.jpg


伽藍とは、梵語(サンスクリット)のサンガ・アーラーマという言葉の音訳で、
僧侶が集い修行する場所という意味があるそうです。
密教にはその世界観を視覚化した「曼荼羅」という仏画がありますが、
壇上伽藍は仏教建築によって表された立体曼荼羅なんだそうです。

d0128163_23344944.jpg

そしてお大師さまのお姿を描いた「弘法大師御影像」が祭られていることから
その名がついた、御影堂(みえどう)にてご挨拶
d0128163_23381925.jpg

御影堂の前にあるのが三鈷の松(さんこのまつ)
空海が唐から帰国する時、真言密教を広めるのにふさわしい場所をと願いながら投げた
三鈷杵(さんこしょう)という法具を日本に向けて投げたところ、たちまち紫雲たなびき日本へ飛んで行きました。そして帰国後に高野山へ登った時、この松に引っかかっているのを見つけた、
という言い伝えがある松なんですw



d0128163_23362727.jpg


西塔では、大塔の本尊が胎蔵大日如来であるのに対し、金剛界大日如来と胎蔵界四仏が奉安されています。現在の塔は、天保5年(1834年)に再建された、擬宝珠(ぎぼし)高欄付多宝塔で、高さは27.27メートルです。

d0128163_23434390.jpg




全てが必然で神聖な波動に包まれココロが満たされていく感覚です♫
by STL3968164 | 2014-05-21 23:03 | トリップ

聖地 高野山    霊宝館

腹ごしらえの後、壇上伽藍に向かう予定でしたが、表参道がわからず、
綺麗なお庭に誘われて歩み寄ると霊宝館とあったので内観させて頂きました。

高野山は弘法大師の開創以来、12世紀にわたる長い歴史の中で栄枯盛衰を繰り返し、今なお法燈を守り続ける真言密教の一大道場です。

開創以来、幾たびかの自然災害や明治初期の廃仏毀釈などで、山上の優れた文化遺産を焼失、散逸させてしまいましたが、現在なお117ヶ寺に有する文化財は膨大な量を誇り、まさしく文化財の宝庫、宗教芸術の殿堂と呼ばれる所以がここにあります。

d0128163_649778.jpg

造形美に映えるシャクナゲが満開でお出迎え♫

d0128163_701223.jpg


d0128163_73579.jpg


重文 不動明王坐像 一躯
金剛峯寺 平安後期
伽藍不動堂(国宝)の元本尊で、八大童子と共に祀られていた。左目をやや細め、口元からは上下の歯牙が露出している。痩身な体躯に、膝部に見られる流麗な衣文線など、平安後期の作風。


d0128163_712037.jpg

重要文化財 両界曼荼羅図(血曼荼羅)部分
胎蔵界曼荼羅の中心、大日如来の宝冠部分に清盛の血を混ぜて描いたと言われています。

高野山霊宝館の両界曼荼羅図は感動ものです! その中心に鎮座する宇宙の中心 大日如来


d0128163_793265.jpg


重文 大日如来坐像 一躯
金剛峯寺 平安初期
伽藍西塔の元本尊で、金剛界の大日如来である。
西塔は仁和三年(887年)に創建されたものと伝え、本像はその当初像と考えられる。

d0128163_7104121.jpg


国宝 仏涅槃図 一幅
金剛峯寺 応徳3年 平安時代
釈尊が沙羅双樹の下にて入滅する情景を描くもので、古来より涅槃会の本尊として用いられてきた。
本図は応徳三年(1086年)の墨書銘があり、多くの涅槃図の中で現存最古の作である。またその優雅で気品あふれる表現は、日本仏画の最高傑作と呼ぶに相応しい名画である。

d0128163_7134572.jpg


素晴らしい仏像や仏画との対面に涙がでる想いでしたw

高野山の宝箱で仏様に挨拶出来たし、壇上伽藍に詣りませう=3
by STL3968164 | 2014-05-21 06:43 | トリップ

聖地 高野山   弁天岳〜大門  エリア

d0128163_2332139.jpg

高野山の総門・大門からスタート!! (神様映ってるし♫)
深山に鮮やかな朱光を放つ巨大な重層の楼門、大門。何度か焼失の難に遭い、現在のもので築後約300年、阿形像・吽形像を配し一山の総門にふさわしい堂々とした門です。大門周辺は盆地状の高野山上でも眺めの良い場所(日本の夕陽百選スポット)で、遠く海の上に浮かぶ淡路島や六甲山を望むことができます。

弁財天のお導きで大門をくぐる前に左脇から弁天岳に登る事にしました!

d0128163_23132640.jpg

弁天岳からの眺望   

大門からおよそ1キロメートル山道を登ると、嶽弁天社があります。

d0128163_23125934.jpg

嶽弁天(だけべんてん)
所在地:弁天岳山頂
弁天岳山上にまつられているのが、嶽弁天です。弘法大師が大和の天河弁天社より勧請した弁才天であると伝えられており、その昔、妙音坊という天狗が一本杉に住んでいて、嶽弁天を守護していたと伝えられています。江戸時代までは山内のお坊さん達によって社(やしろ)などが維持され、おまつりしていましたが、現在では地域一般の方々によって弁天講が結成され、引き継がれています。
さて、弁天岳に弁天がまつられるようになったのは、弘法大師が天河弁天社(奈良県吉野郡天川村)に千日間参籠したおり、三つの如意宝珠を受けて、その内の一つを弁天岳に納めて、天女(弁才天)を勧請したことに始まると伝えられています。

ひょえ〜♫   2年前に奈良県吉野郡天川村を通過した時にお詣りした天河弁天様でしたかっ♫


d0128163_2317501.jpg


大門をくぐりいざっ聖地巡礼開始=3


d0128163_23275615.jpg



って思ったけど、ジャンボマックスのお導きで立ち寄った和菓子屋でいっぷく♫

d0128163_23294479.jpg

d0128163_23302539.jpg

d0128163_23342745.jpg

大正時代の創業を誇り、80年以上にわたって、高野山名物の酒まんじゅうを手作りする菓子店だそうです!
d0128163_23481572.jpg

なかなか気になるでしょ?

d0128163_23351815.jpg


ちなみに釜飯で有名な「つくも」も斜向いだったので、ここで旬のタケノコ釜飯を頂きました!

ゴマ豆腐も美味しかったなぁ〜♫
by STL3968164 | 2014-05-20 22:59 | トリップ