ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
人気ジャンル
画像一覧


<   2014年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

WORK SHOP @ T.J HOUSE


d0128163_16105424.jpg

水上のアジトでマイメン”神森正義"と落ち合い、ビール片手に
ハンドメイドのボードにソール加工するご指導いただきました!




d0128163_16114656.jpg

真空ポンプでシンタードベースのブラックソールをエポキシで硬化させます。

雪板も同様、室温を25℃以上に保てば13時間で硬化しやす♪

d0128163_16122451.jpg

スノーレパードモデル 3年前の自作雪板をリメイクしてみた!
SATORU STICKS のノウハウを駆使して、レールとチャンネル入れて
春のコーンスノーにも対応出来る雪板です♪
d0128163_0335846.jpg



アジトには気になるアイテムがごろごろ...

d0128163_16131757.jpg


d0128163_0344270.jpg


これからカットして最終調整楽しみです♪
by STL3968164 | 2014-03-30 16:05 | アジト

白馬八方尾根へ

午後イチですっかり快晴になった八方尾根へ♪

d0128163_17422461.jpg

雄大なロケーションに期待大   カメラ背負っていざ=3

まずはアダムゴンドラで兎平へ...

d0128163_1741545.jpg


先程の47がよく見えますなぁ


d0128163_17461133.jpg

山頂から五竜岳を望む   

バックカントリーも気になるなぁ〜

d0128163_17473344.jpg


観世音菩薩様のお導きで八大竜王に先ずはご挨拶♪   

「阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい、原語Anuttara samyaksaMbodhi)、
無上正等正覚(むじょうしょうとうしょうがく)」を得て、護法の神となられるに至った。

八大竜王(はちだいりゅうおう)とは、天竜八部衆(仏法を守護する8神。仏教が流布する
以前の古代インドの鬼神、戦闘神、音楽神、動物神などが仏教に帰依し、護法神となっ
たもので天、竜、夜叉、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんな
ら),摩侯羅迦(まごらか))に所属する竜族の王であり仏法を守護する。
水を司る龍神の頂点にある神。あらゆる土地や気象を管理する龍王堂の鎮座神。
古代インドでは蛇竜(ナーガ)という半身半蛇の形であったが、中国や日本を経て今の竜
の形になったそうです。
仏教では蛇竜(ナーガ)は広目天の眷属とされています。

この八尊の龍のことは法華経に書かれています。
「八竜王有り、難陀(なんだ)竜王・跋難陀(ばつなんだ)竜王・娑伽羅(しゃから)竜王・
和脩吉(わしゅきつ)竜王・徳叉迦竜王(とくしゃか)・阿那婆達多(あなばだつた)竜王・
摩那斯竜王(まなし)・優鉢羅(うはつら)竜王等にして、各、若干(にゃっかん)の百千
の春属と倶なり。」
これは,世尊(釈尊)がは王舎城の霊鷲山(りょうじゅうせん)にて法華経を説いた時に
何万の聴衆者の中に八竜王がそれぞれ春属を連れて参加していたことを説明されてい
ます。その中には帝釈天や梵天等々たくさん参加しています。


d0128163_1755409.jpg

じゃじゃ〜ん♪


白馬三山
白馬岳は後立山連峰の北部に位置し、左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山が連なる美しい姿は北アルプスを代表する景色となっています。白馬岳の山の名は春、田んぼの代掻きの時期に山肌に現れる雪形が代掻き馬の形をしていることから代掻き馬が「代馬(しろうま)」になり、それが「白馬(しろうま)」に変わってその名がついたと言われています。 白馬岳はその豊富な高山植物から花の名山としても有名で、夏の登山道には数多くの可憐な花々が咲いています。 高山植物の花は7月中旬から8月中旬が最盛期となり、広大な斜面一面に花が咲き乱れるお花畑の景色は訪れた人を魅了してやみません。 猿倉から白馬岳に向かう登山ルートでは、全長3.5km、標高差600mの日本一のスケールを誇る白馬大雪渓を登っていきます。 真夏でも広大な雪景色が広がる白馬大雪渓ルートは白馬岳登山ルートの中では特に人気が高く、夏山シーズンに大雪渓に続く登山客の列は夏の風物詩の一つとなっています。


d0128163_1759215.jpg


最高です♪

d0128163_1759443.jpg

第一ケルン

d0128163_1805275.jpg

念願の初 HAPPO BANKS 到着

d0128163_1815667.jpg

d0128163_184454.jpg

さほど、人も居なく空いてたのでストレスなく軽く流せました=3

d0128163_1843665.jpg

d0128163_1854231.jpg


d0128163_1861736.jpg


白馬の手打ちにしん蕎麦も美味しかったし、温泉もつるつるで気持ち良かったし、
いいバイブス感じれました♪


山の神様ありがとうございました。   合掌
by STL3968164 | 2014-03-29 18:39 | トリップ

白馬村へ

d0128163_16321880.jpg


白馬エリアはなかなか行けるタイミングやご縁が薄く、客観的な見解で遠いエリアでしたが、
ほぼほぼ初めて、ちゃんと遊びに行けました♪

先ずは、天候も雪のコンディションがイマイチだったので、47と五竜の視察兼ねてアプローチ♪
d0128163_16343381.jpg

フリースタイルスキーの全日本選手権第1日女子モーグルを開催していましたよ〜

d0128163_16274915.jpg

若干視界不良ながら、オーディエンスも多く盛り上がってます!
d0128163_16421199.jpg

今大会で現役を引退する上村愛子選手(北野建設)が優勝  流石ッスね♪


d0128163_164361.jpg


隣はパークコースになっていて、お目当てのハーフパイプを流し堪能できました!
リフト廻しで効率も良く、Rの形状もゆったり大きく飛び易かったな〜



徐々に天候も回復の兆しでテンションアップ♪
d0128163_17333182.jpg

 五竜スキー場のメインゲレンデの一つである、アルプス平ゲレンデを上からとった写真です!

午前中で切り上げ、午後からは八方尾根へ向かいます=3
by STL3968164 | 2014-03-29 16:25 | トリップ

春の風

d0128163_1816346.jpg


穏やかな風が吹く心地よい春

今日はカメラ持って珍しく、飯士山へ
ココから見渡すパノラマは最高なんです♪

d0128163_181834100.jpg


大源太山(左)後方には朝日岳     中央には谷川岳を遥拝   眼下にはおらが村です♪


d0128163_18213121.jpg

南魚沼にそびえ立つ名峰 巻機山 

 昔々のことです。越後の山奥に若い百姓と年老いた母親が暮らしていました。息子は弥治衛門という名前でした。
 弥治衛門は村一番の働き者で、また評判の孝行息子でもありました。
 息子の心配事は、母親が長く病に臥せっていることでした。弥治衛門はあの手この手を尽くしましたが、その甲斐もなく病は重くなるばかりで、弥治衛門は途方にくれるばかりでした。
 弥治衛門が野良仕事と母親の看病に疲れ果てて、夜なべのわら仕事をしながらついうとうとと眠ってしまったある晩のこと、夢の中に神様が現れました。
 「弥治衛門よ、お前の親孝行に免じて教えてあげよう。お前の村の奥山に黄蓮という名の草がある。これはお前の母親の病に効く薬草である。この薬草を探して持ち帰り、煎じて母親に飲ませてあげなさい。」
 これは申すまでもなく、神様の有難いお告げです。
 神様のお告げが終わると同時に目覚めた弥治衛門は、不思議な夢に半信半疑でしたが、日頃から信心深い弥治衛門でしたから、母親に夢で見た話をしました。そしてお寺に出向き、住職に神様のお告げの話をし、黄蓮がどのような草か教わりました。物知りで知られた住職は、黄蓮の絵を描きながら説明してくれました。
 翌朝、留守中の母親の面倒を隣家の娘に頼み、弥治衛門は山へ入りました。住職の描いた黄蓮の絵を見ながら必死になって薬草を探しました。陽は早くも西に傾き始めましたが、まだそれらしい薬草は見つかりません。いつの間にか弥治衛門は、かつて来た覚えがないほど山奥に踏み込んでおりました。
 陽が西の山の端にかかり始めた頃、住職に描いてもらった絵にそっくりな薬草を見つけました。見るとひとかたまりになって、花を咲かせていました。やれ嬉しやと、弥治衛門は夢中になって薬草を根から引き抜きました。それでも、全部抜き取ると次に必要なときに無くなっているかもしれないと思い、半分だけ持ち帰ることにしました。それでも持参の布袋は薬草でいっぱいになりました。
 気がつくとあたりはすっかり薄暗くなっておりました。その上、弥治衛門は自分が山中のどこに居るのかもわからなくなっておりました。
 途方にくれた弥治衛門は、なんとか帰り道を見つけようと、辺りを歩き回りました。すると山の中にぼんやり灯っている明かりが見えました。その明かりに導かれて歩みを進めると、粗末な萱ぶきの小屋がありました。中からは機を巻く(織る)音が聞こえてきます。
 「夜分、ご免ください。山中で行き暮れて難渋している者です。お願いです。今晩、泊めていただけないでしょうか。」
 弥治衛門は一夜の宿を請いました。
「この小屋には余分の寝具も、あなた様に差し上げる食べ物もなく、お泊めするわけには行きません。私は坐り仕事で足が弱っています。もし私を背負ってくれるなら、里までご案内して差し上げましょう。ただし約束事があります。私が許すまで決して声を出したり、後ろを振り向いたりしてはいけません。この約束は必ず守ってもらわなければなりません。」
 小屋の中から若い娘の声が返ってきました。
 弥治衛門は薬草の入った布袋を胸に掛けて、娘を背負いました。後ろを見られないのではっきり分かりませんが、子供のような軽さでした。娘は背中から小さな提燈で弥治衛門の足元を照らしながら、無言で帰り道を指し示しました。
 春の夜が白々と明け始めた頃、弥治衛門は村のはずれまで帰り着きました。
 そこに隣家の娘が心配そうに弥治衛門を待っていました。
 いち早く娘に気づいた弥治衛門は、思わずひと声発するのでした。
「喜んでくれ、薬草が見つかったよ。」
 その時、背中から声がしました。
「約束を破りましたね。何を隠そう、私は山の機織の女神なのです。お前が無事約束を守って家に帰り着けば、私はお前の嫁になって母親の病を直してあげるつもりで山から降りてきたのです。でも約束が破られたからには、それはかないません。ただお前には賢そうな娘がいるようだから、私が嫁に入る必要もなさそうですね。薬草の飲み方はお寺の住職が良く知っているはずですから、教えてもらいなさい。」
 その声に弥治衛門が後ろを振り向くと、背中には何も見えませんでした。
 弥治衛門は、背筋に冷たいものが走るのを感じながら、寺に急ぎました。そして住職に一部始終を話しました。
「昔からあの奥山には機織姫の言い伝えがある。娘が『自分は機織の女神だ』と言うのなら、その娘は多分機織姫に違いない。いずれにせよ、お前は神様を山から里へお連れしたのであるから、お社を作って差し上げなければならないだろう。拙僧は仏に仕える身であるから、その仕事には直接携われないが、村の衆が合力してお社を作るよう話をしてあげよう。」
 住職から弥治衛門の話を聞いた村人は浄財を持ち寄り、お社を作りました。「木六神社」がその神社であるといわれています。
 その後、機織の神様である巻機姫に因んで、この山は巻機山と呼ばれるようになりましたとさっ♪

d0128163_18235986.jpg


西の方角に見えるのは 神楽ガ峰とかぐらスキー場ですね!

いや〜改めて素晴らしい環境だなぁ〜と感じる事が出来ました。
by STL3968164 | 2014-03-27 18:07 | 花鳥風月

YOKONORI 045 YOKOHAMA



d0128163_17495628.jpg


春のシャバ雪で標高を下げ、WAXがん塗りで遊んでます=3

d0128163_17523178.jpg

最近はヤングに混ざり、R=1/2PIPE に勤しむの図

今季はカラダが軽くて動くゎ〜  意外とヤングよりいい動きしてるかも♪   ぷぷっ
でもスタイルでおじさん度がバレテ〜ラ...

d0128163_1757376.jpg

石打丸山から隣のガーラに移動して横浜から遊びに来ている仲間の元へ合流

ガーラからの眺望は素晴らしいね!   谷川連峰を一望できます!

d0128163_1759565.jpg

激レアな3ショット!!  コレを見て爆笑の方はかなりのマニアですぞ!

とても有意義な時間でした!   また滑りませう=3
by STL3968164 | 2014-03-25 17:50 | フレンズ

お一人様=3



d0128163_23354820.jpg

春の陽気でぽかぽか♫    佐源太の様子を見に...


d0128163_23325528.jpg


あちゃ〜(;´д`)  二階が埋まりそう...

d0128163_23382138.jpg

なんだかんだ、今季も大雪の佐源太
屋根雪は落ちていたのでひと安心♫

d0128163_23422562.jpg

せっかくなので、バケ猫の調教練習
d0128163_23435461.jpg

ジャンピン♫
d0128163_23444863.jpg


今日はあっちぃ〜ね=3
d0128163_23471718.jpg


マイ釣り堀でスプーンを投げてみたものの... 反応なし...
by STL3968164 | 2014-03-24 23:26 | アジト

サイドカントリー キャンプ

d0128163_18584292.jpg


大西泰三&涼子プロの主催するサイドカントリーキャンプに特別講師としてお招き
頂きました!

今回の受講生は7名 未経験者は4名 とこれから裏山へデビューです=3
d0128163_1942512.jpg


d0128163_75554.jpg

先ずは、ビーコントレーニングやプロービングを体験して頂き、仲間内レスキュー法を伝授

d0128163_1910937.jpg


カメラマン兼務の泰三氏が先陣を切り...
面ツルなバーンを堪能出来ました♫
d0128163_1912466.jpg


d0128163_19153485.jpg


雪崩の発生しそうな場所での移動はバックアップをとって、距離を空けて進みます=3

d0128163_755063.jpg



d0128163_19134113.jpg

初めての体験に大満足の皆さん♫
d0128163_7165979.jpg

これから経験値をあげて、バックカントリーに少しつつ挑戦出来ると良いですね〜

ご参加、お招きありがとうございました!
by STL3968164 | 2014-03-21 18:56 | イベントレポ−ト

スカイザリミットアドベンチャー 春のうらなび

今回ソロでご参加頂いた渡辺さんと中尾根へ
なかなかツアーに参加しても正しい使い方や要領など、細かくアドバイスして
くれる仲間やガイドがいなかったとかっ...

このような悩みは確かにあると思います。

少人数制のツアーなら細かい配慮が可能です♪

d0128163_7423788.jpg


d0128163_7461511.jpg

プロダクトの機能や使い方を知る事はとても重要で効率がアップしますよね♪

d0128163_7502457.jpg


この日は標高1600mからの天上界は快晴でテンションあがりました!
d0128163_7551942.jpg

百名山の苗場山をバックにパシャリ♪
d0128163_7581030.jpg

中尾根のピークからは北アルプスから妙高山、火打山まで雲海とコラボで遥拝出来ました!

d0128163_7584921.jpg

前日の過冷却で出来た樹氷が綺麗だったな〜

d0128163_802535.jpg

ルーシュブロックテストやプロービング法、ビーコンサーチトレーニングも伝授

スカイザリミットアドベンチャーではコンパニオンレスキュー法もプログラムでお伝えしています。

d0128163_843089.jpg

素晴らしいバックカントリーの醍醐味を感じて頂けて嬉しい限りです♪

春のうらなび も宜しくお願い致します。
スカイザリミットアドベンチャー
by STL3968164 | 2014-03-20 08:07 | バックカントリー

山小屋RESTAURANTE "Buono!SA-GENTA" 復元

しばらく、放置気味だった雪洞をリシェイプしてみました♫

d0128163_21551768.jpg


d0128163_21565113.jpg

屋根も空いちゃったから板を渡して補強
d0128163_226431.jpg


インドアグリーンにはアイビーをアレンジし、キャンドルスタンドも設置♫
これだけでも雰囲気でますな〜

d0128163_2203376.jpg

エンブレムマークの佐クマちゃんヘッドを取り付ければ完成♪

d0128163_2225164.jpg


今回はカフェで我慢ッスw

夜が楽しみだなぁ=3
by STL3968164 | 2014-03-19 10:53 | アジト

TENJIN BC 4TO SESSIONS


d0128163_21194617.jpg

快晴の月曜日 降雪は無かったもののわずかな期待を抱きつつ天神平へ

d0128163_21211593.jpg

今季2度目のセッションで駆けつけてくれた"TOSHI"に潜在写真のカットを撮って頂きました!

d0128163_21231826.jpg

来季のMHW コンパルションジャケット とパンツは最近のお気に入り♫                

 ポートレートやプロダクトの潜在写真を中心にリクエスト

d0128163_21263020.jpg

私はGRで連シャでTOSHIをパシャリ♪   
d0128163_21285638.jpg

タイミングがあったTJ-RIDEER 松本麻衣子氏も1本合流=3

聖地で波長が合えば、神様も写ってくれるのですw

d0128163_21311774.jpg

南斜面はいよいよ危ない感じdeath!!

d0128163_21323289.jpg


TOSHI,写真楽しみにしてますね〜w いつもありがとう!
by STL3968164 | 2014-03-18 21:34 | バックカントリー