ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
その他のジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アイソン彗星=☆

アイソン彗星について

2012年9月21日(世界時)、ベラルーシのヴィタリー・ネフスキー(Vitali Nevski)とロシアのアルチョム・ノヴィチョノク(Artyom Novichonok)は、国際科学光学ネットワークの40cm反射望遠鏡を用いた観測で、かに座方向におよそ19等の彗星状の天体を捉えました。発見時、この天体にはわずかに拡散したコマが認められましたが、その後の複数の確認観測により彗星と確定され、「アイソン彗星(C/2012 S1(ISON))」と命名されました。アイソン(ISON)は、発見者が所属する国際科学光学ネットワーク(International Scientific Optical Network)の略称です。

d0128163_1816454.jpg


2013年11月から近日点通過まで

アイソン彗星は、11月上旬には、日の出前の空で、しし座からおとめ座方向に移ります。ようやく太陽からの距離も1天文単位を切るようになり、1日の見かけの移動量も大きくなります。11月後半には双眼鏡で見つけられる程度の明るさになると予想されており、条件がよければ肉眼でも見つけられるかもしれません。ただし、東の空での高度は日に日に低くなるため、東の空が開けた場所での観察が必要になります。

d0128163_18201194.jpg


11月18日にはおとめ座の1等星スピカと見かけ上近づき、スピカが彗星を探す際のよい目印になります。11月17日、18日、19日には、スピカとアイソン彗星を双眼鏡の同一視野で見ることができます。

11月下旬には、急激に増光する可能性があります。肉眼でも尾が確認できるようになることを期待したいものです。





観察にあたっての注意

近日点通過の11月29日の前後4日(11月25日頃から12月2日頃まで)は、アイソン彗星と太陽との見かけの距離は10度を切り、彗星は太陽にきわめて近くなります。双眼鏡や望遠鏡を使って観察する際は誤って太陽を見てしまうことがないように、十分に気をつけてください。

太陽をかすめる彗星
アイソン彗星のように、近日点通過時の太陽からの距離が極端に近く、太陽をかすめるように通過するある種の彗星を総称して「サングレイザー」(Sungrazer)と呼んでいます。
by STL3968164 | 2013-11-24 11:14 | HOT NEWS

いよいよオープン♫







かぐらスキー場11/23(土・祝)いよいよオープン♫

d0128163_170927.jpg


詳しくは上記の「営業予定マップ」をご覧くださいませ!

そんでもって、、湯沢町三俣(街道の湯となり)に「道の駅みつまた」が遂にオープンします!

d0128163_17633100.jpg


昨シーズン前から工事が行われておりましたが、こちらもいよいよ♪
足湯が造られているという噂ですが、未だいってまへん...

2013/14シーズンのかぐらスキー場オープンに合わせて道の駅の営業が始まります。
温泉足湯施設だけでなく
農産物等販売施設、軽食テイクアウトコーナーもあるとのことなので
初滑りに行った際に、ぜひとも立ち寄ってみては? 

あっ!貝掛も宜しくッス♫
by STL3968164 | 2013-11-20 09:57 | HOT NEWS

雪かき 三昧


寒気団も去り、高気圧に覆われて雪かき日和の佐源太です!
d0128163_861942.jpg


d0128163_875797.jpg

ピステンブーリー200 300 を操り? ガシガシ...


d0128163_812147.jpg


ここ毎日、冬仕度と深夜までのマッサージでカラダがクタクタ...

夕食も取れずにいると、仲居ちゃんからの嬉しい差し入れが♪    

おむすびまん やんっ!         ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、.

疲れも吹っ飛び、ニヤ顔で解剖する、あくまひろしなのでした...
by STL3968164 | 2013-11-18 08:23 | アジト

冬将軍様がお越しと云う事で... エピソード2



d0128163_2061335.jpg


冬将軍様 ご連泊でえらいこっちゃ!

d0128163_208552.jpg


奥湯沢 貝掛温泉は標高800mでございます♫

本日も降雪30cmオーバー(驚)

d0128163_2010359.jpg


今日は臨時休業させて頂きます... スミマセン

帰宅難民の佐源太さん、化け猫に跨がり新雪をツッコミながらのルート作り=3

d0128163_20133482.jpg

移動式アジト "コゲンタ"も脱出不可!

d0128163_20172326.jpg


お手上げですw
by STL3968164 | 2013-11-13 12:03

冬将軍様がお越しと云う事で...



d0128163_18472798.jpg


薄らと足拍子に降りかかった粉雪が朝陽に照らされて... ぱしゃり♫

d0128163_18493086.jpg

色鮮やかな山もみじ

これから、寒気が降りてくると云う事で、タイヤ交換して帰還。


翌朝...



d0128163_1852290.jpg


標高800m 奥湯沢は一変、 白銀の世界に!
d0128163_18543444.jpg


うひゃひゃ♫  

d0128163_18552181.jpg


今年は10日程、遅い冬将軍様のお越しですが、紅葉も同様なので、こんなもんかなっw

根雪にはならないし、冬の便りを届けに来てくれてありがとう!


ボチボチ、冬仕度ですなっ!
by STL3968164 | 2013-11-12 15:46 | 花鳥風月

☆みなかみVIBES ☆



バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバルにいって来ました=3 (前半のAのみだけど...)
d0128163_1646226.jpg


バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバルは、バンフセンターで毎年11月初旬に開催される
最も重要なプログラムの1つであり、世界有数の山岳フェスティバルの1つです。
今 から38年以上前、登山家やアウトドア愛好者が、登山シーズンとスキーシーズンの狭間に楽しめる年中行事を探し、1976年にロッキー山脈の小さな街バン フ(アルバータ州)で開催されたのが始まりです。1日だけの登山映画際として始まったものが、今では、9日間にわたるバンフでのイベントに加えて、南極大 陸を含めた全大陸をめぐるワールドツアーで、年間735回を超える上映回数を誇り、世界中で33万人以上のアウトドアファンに見られています。

d0128163_16435258.jpg




初めて入ったみなかみ観光会館 

d0128163_16552687.jpg

パタゴニアのブランディングスペース

d0128163_16561865.jpg

激サムの会場でしたが、大勢の観客でしたよ〜

チョコを頬張りながら、カフェ鑑賞♫

短編で構成されたドキュメンタリーフィルムは観るものを魅了し、独自の世界観へ引き込みますね〜
挑戦するスピリットと映像技術に圧巻です!

なかでも命綱なしで絶壁を登るフリーソロ・クライミングで今最注目の若手アレックス・オノルド氏
のドキュメントはぶっ飛んでました!



手に汗握る映像にフロアは完全にロックングです♫

いや〜良い刺激、ご馳走様でした。

d0128163_16591679.jpg

隣にあった古民家に反応して散策   川場村にあった豪農の民家を移築保存したのだとか...

d0128163_1771451.jpg


嗅覚を便りに、水上駅へと向かうと、ナント! D51形蒸気機関車498号機が待機中=3

臨時運行のSL みなかみ なんだとかっ♫    これかぁぁあ♫

d0128163_1792275.jpg

d0128163_179573.jpg


いや〜興奮しますなぁぁあ♫

d0128163_17105581.jpg


このディテールやばいっしょ!



d0128163_17115361.jpg


冷えたカラダに沁みる、おっきりこみ(おっ切り込み)は、煮込み麺料理の一種で、
群馬県や埼玉県北部・秩父地方の郷土料理で〆

手打ちの太麺と季節の野菜や里芋、大根などをたっぷりの汁で煮込んだ料理であるおっきりこみ(上州ほうとう)。うどんを「切っては入れ、切っては入れ」食す様子から、自然とこの呼び名がついたとされる。


いや〜みなかみ町を堪能    さてさて、戻って仕事すっぺ!
by STL3968164 | 2013-11-10 10:34 | イベントレポ−ト

晩秋の佐源太

今年も見事な色彩です♫

d0128163_1736175.jpg


d0128163_17372993.jpg

d0128163_17391255.jpg


横浜から定期的に通う 父  (244おじいちゃん) 御年70歳 
今のところ病気ひとつなく元気ですが、最近老いたなぁ〜って感じる事が多い(苦笑)

d0128163_17424545.jpg


そんな父のライフワークは野草のスケッチと絵付け (ボタニカルアート)
庭に咲く、小さな命    ミヤマダイモンジソウを描いたり...

d0128163_1745162.jpg

巣箱を造ってみたり... 活動的なんです(笑)


d0128163_1748437.jpg


私は久しぶりにバッテリー充電&メンテして始動=3

d0128163_17513953.jpg


パトロール調査開始の図     
 悪い子はいねぇ〜がぁ〜 クマちゃんはいねぇ〜がぁ〜



d0128163_17533851.jpg


あぶねぇ!!    ひきそうになったしっ!    

レンズを近つけてもピクリともせず、必死に葉っぱにカモフラージュしてるご様子なのだが...
冬眠準備かなw

d0128163_17591980.jpg


マウンテンラボ 巡回異常なし!

d0128163_1803634.jpg


出来たての新築分譲1LDK 巣箱 1号 設置♫


d0128163_1834516.jpg


こちらの2号も東南の陽当たり良好物件となっております♫

さてさて、来春の営巣が楽しみだなぁ〜
by STL3968164 | 2013-11-09 11:33 | 花鳥風月

☆MOUNTAIN HERDWEAR SP WEBSITE☆


ティム・エメットと共同開発したアイスクライミングモデルにフォーカスした
スペシャルWebサイトが公開されました!


d0128163_19244671.jpg


The Perfect Storm

テーマは、“The Perfect Storm”。あらゆるウィンタースポーツの中でも、特にマゾヒズムと表裏一体のアイスクライミング。そんな過酷で厳しい環境を実験場として、アスリートと共同開発したジャケットを紹介。現在はそのプロローグとなるコンテンツを公開中。これからさらに専門誌のライター・クライマー・山専ショップ店主などが実際に体験した製品インプレッションを順次紹介予定です。
by STL3968164 | 2013-11-08 20:07 | HOT NEWS

☆Man of Moods MINAKAMI CITY☆


宝台樹スキー場近くにある一軒のオシャレなログコテージ

アーバンエクストリームで注目を集める Man of Moods WORKSHOPへお邪魔しました♪

d0128163_93438100.jpg


=BRAND CONCEPT=
man of moods = 常に進化を求める人種、「感性、感覚、雰囲気」で生きる人種=REAL EXTREMER
その時その瞬間で感じる今を独自のEXTREME,アクションスポーツ思考で造形、具現化していく姿勢をコンセプトとしている。

d0128163_9564082.jpg

モードファッションを象徴する黒 (光と影にフォーカスして)
d0128163_9592790.jpg

西日が心地よいラウンジ 冬には炉に優しい炎が揺れるであろう♪
d0128163_1033159.jpg


水上に出現した都市型工房がココに具現化されている。


d0128163_1063794.jpg

d0128163_10114211.jpg


洗礼された感性とデザイン 素敵な商材がオシャレにディスプレイされています。
この冬は気軽に立ち寄れるようにアレンジするとの事ですので、
要注目のアンテナショップですね♪


d0128163_1071088.jpg


d0128163_10151512.jpg

唐松の防風林に守られて庭先の気持ちよい空間に設置されたティピがかわいい♫
遊びココロをくすぐるアジトのこれからの展開が非常に楽しみです。


M of M (man of moods)  x  S.T.L (sky is the limit) 楽しいサミットでした♫

福ちゃん & 明さん ありがとうございました!
by STL3968164 | 2013-11-07 10:23 | フレンズ

一の倉沢 エコハイキングツアー

man of moods 福山氏&服部氏と待ち合わせして、湯檜曽川沿いから
アプローチしてエコハイキング=3

d0128163_728091.jpg


d0128163_703864.jpg


DESIGNER, Creative director
福山正和 (MASAKAZU FUKUYAMA)

BRAND CONCEPT
man of moods = 常に進化を求める人種、「感性、感覚、雰囲気」で生きる人種=REAL EXTREMER
その時その瞬間で感じる今を独自のEXTREME,アクションスポーツ思考で造形、具現化していく姿勢をコンセプトとしている。

d0128163_7201346.jpg

晩秋の谷川山麓をススム...    山小屋風な東屋もいいね!

d0128163_7221487.jpg


マチガ沢から白毛門を見上げるの図♪


d0128163_7322134.jpg


ブナの紅葉と柔らかい陽射しが心地よい散策道に出た!

d0128163_7341174.jpg


一の倉沢に約1時間で到着。
観光客には紅葉の絶景が有名な一ノ倉沢ですが、ここの岩場は滑落や遭難の事故が多く、
世界で最も死者の多い魔の山としてクライマーの間でも有名ですね。
 
今まで累計780人以上の死者を出している谷川連峰(怖)

日の差し方も丁度良く、素晴らしい景観でした♪

d0128163_741569.jpg

沢の水はメチャ冷たくて美味しい    一の倉沢ラーメンランチで休憩
d0128163_7434656.jpg

標高850m付近は紅葉も見頃ですが、1000m以上は既に落葉してました。

観ていて飽きないバーチカルリミット!
d0128163_746581.jpg


金色のトレイルを帰路を進みマチガ沢へ

d0128163_7481130.jpg

憧れのロックバンドですね〜
この冬、チャンスがあれば、是非滑走アタックしてみたいです=3
d0128163_7502979.jpg


蒼い空に浮かぶ 白毛門と笠ガ岳

d0128163_7473221.jpg



d0128163_754960.jpg


駐車場近くに戻り、山岳資料館へお邪魔しました♪
店番のおじさんと談笑しながら背負わせて頂いたクラシックなバックパックがコレ!

テントやら寝袋やらコッヘルやら昔はコレを担いでの縦走スタイルだったとか
メチャ重たい! 30kgだってぇえええ!

谷川岳の歴史は日本のロッククライミングの歴史といっても過言ではないほど、多くの登山家たちがこの山の魅力にとりつかれてきました。
 都心から日帰り出来る近くてよい山…その一方で「魔の山」と呼ばれるほど、遭難者の多い山でもありました。
 標高2,000mにも満たないこの山が、何故人々を魅了し続けるのでしょうか?

d0128163_9281613.jpg

 
「谷川岳山岳資料館」で、谷川岳の魅力の秘密をじっくり探検しては?
d0128163_9295017.jpg


d0128163_9301766.jpg

あっちなみ店番のおじさん 気さくな方でして、星の話しから興味があって
名刺頂けますかって頂いたらすっげぇ〜お方でした(笑)

星の鑑賞会では次回お世話になりま〜す♪

八木原圀明  さん

1946年11月27日生まれ。前橋市出身。公益社団法人日本山岳協会副会長・群馬県山岳連盟会長・山田昇ヒマラヤ資料館館長・国立大学法人群馬大学非常勤講師。主な登山歴 1975年ダウラギリⅣ峰(7661m)・1978年ダウラギリⅠ峰(8167m)・1981年カンチェンジュンガ西峰(8505m)・1985年エベレスト(8848m/隊長)・1987年アンナプルナⅠ峰(8091m/隊長)ほか。主な著書 『8000メートルの勇者たち』(山と渓谷社)・『氷壁に刻む』(上毛新聞社)ほか。

八木原館長の著書『8000メートルの勇者たち』(山と渓谷社)・『氷壁に刻む』(上毛新聞社)

=information=

●住所/379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽字湯吹山
 (谷川岳ロープウェイ乗り場から徒歩2分)
●TEL/0278-72-6446
●開館時間/9:30~16:30
●休館日/木曜日
●入場料/無料
by STL3968164 | 2013-11-07 08:15 | バックカントリー