ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
その他のジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

HALLOWEEN 2011


d0128163_14265265.jpg

d0128163_14501998.jpg

d0128163_1451317.jpg

ノックノック♪ 
あくまの館へようこそ、今年も密かに開催中!
d0128163_14461832.jpg

お菓子をくれないとイタズラすっぞコラっ!(怖)
d0128163_144928.jpg

うししっ、、、
d0128163_14562675.jpg

d0128163_1457229.jpg


d0128163_14582735.jpg


遊び心は忘れずに、、、
by STL3968164 | 2011-10-31 12:16 | 花鳥風月

蠍座の新月



2011年10月27日の4:55は蠍座の新月です!

全国的に快晴の今宵は絶好の天体観測ですね〜
月の影響を受けずに楽しめそうです。 けど、放射冷却現象で鬼寒でしょう、、、

蠍座は権力、精神力、自制心、嫉妬、性的エネルギー、カルマ、ソウルメイト、に関係ある星座だそうです。

実際には見えませんが、先月の新月と同様に地球に最接近した後のビッグサイズのパワフルな新月です。
d0128163_2028247.gif


さてさて、ホットココアで観測すっかや!
by STL3968164 | 2011-10-27 20:31 | 花鳥風月

ラストフロンティア 最新号


d0128163_19534316.jpg

2011年10月10日発売 月間スキージャーナルの付録であるバックカントリーマグ
雪山を愛し、冒険を愛する人に贈るバックカントリースキーマガジン「ザ・ラストフロンティア」
に昨シーズンアタックした阿寺山のトリップが掲載中です!

フォトグラファー林拓郎氏、トライフォースガイド永井拓三、渡邊亮、佐久間洋の4名で
スプリットボードのポテンシャルを引き出し、地形を充分に活かした滑走を楽しむ事が出来ました。
d0128163_19562685.jpg


春の穏やかな陽気の中、新たな新天地を求めて辿り着いた素晴らしい聖域でした!

湯沢も急に冷え込んで来た事だし、なんだか冬の訪れが待ち遠しいなっ
by STL3968164 | 2011-10-26 19:36 | HOT NEWS

星降る夜長に、、、

d0128163_11495284.jpg

貝掛温泉も紅葉が見頃でありんす♪   ドラゴンドラも大人気だとかっ、、、

d0128163_11521055.jpg

ココでゆったりと心とカラダを和リラクゼーションの世界へいざないマス♪

毎日16:00〜23:00迄 満員御礼で整体施術フル回転〜
本当に貝掛五代目湯守とお客様には感謝感謝でございますね。
d0128163_1223263.jpg

昨日は24:00に終了し、ゆっくりと露天に浸かり空をみあげてほけぇ〜
すると、電光石火の流れ星がビシバシっ!
d0128163_1273162.jpg

青白い色をした星が多いオリオン座の中で、三ッ星の上にひとつ
赤く光っている星があります。それがベテルギウスです。

ベテルギウスは、シリウス、プロキオンと「冬の大三角形」を作っている
星でもありますから、おなじみですね。

現在のベテルギウスは徐々にその大きさが縮小しており、現在では
15年前と比べると15%小さくなっているらしく、大きな変化の途上に
あります。
10月22は、オリオン座の右腕のあたりに放射点を持つオリオン座流星群の活動がピークになると予想されていた。2010年は満月前日で条件がよくなかったが、今年は月明かりの影響も少なく明るい流星が期待できたわけで、、、


d0128163_1132255.png

その肩に位置するベテルギウス(オレンジ色に輝く明るい星)のすぐ上から流星が放射状に流れて感動。

疲れも吹っ飛び得した気分で今宵は就寝
by STL3968164 | 2011-10-23 12:14

七輪でぱたぱた♪ 秋の味覚


d0128163_2045122.jpg

秋の青空に誘われて、、、 お庭でパタパタ♪

適度な塩を振っておくと焦げ付かないんです!
網もこうしておくと、ひっくり返すのも楽だしねっ
d0128163_20502144.jpg

ケイトウの色も鮮やかだね〜
d0128163_2052849.jpg

さて、これは何でしょう?
d0128163_20541934.jpg

小さい秋を見つけてたら、、、、 ヤバっ!

焦げちゃうやんっ
d0128163_2056749.jpg


じゃじゃ〜ん!   紅葉を添えて完成


適度な塩気とほろ苦さが堪らんね!
by STL3968164 | 2011-10-19 20:58 | グルメ

★秋の縦走 武能岳〜シシゴヤノ頭 編★


結局の処、約5名のイビキ大合唱に悩まされほとんど寝れず、とっとと起床

d0128163_16493712.jpg

am 5:00 東の空から谷川岳と一ノ倉岳のシルエットが浮かびあがる、、、

d0128163_1653564.jpg

対極の西の彼方におぼろ月  
d0128163_16594775.jpg

太陽と地球と月が直列する高次の波動を感じてマントラを唱えチューニング♪

朝の太陽を浴びることで、人間の体内時計の調整がされている事は科学的にも実証されているし、
体のホルモン調整もしてくれるとかっ

太陽を直視出来るわずかな時間は貴重なんです。
体のリズムも調整してくれるし、今日もスタートダッシュで山を越え、谷を越えすっかぁあああああ
d0128163_177423.jpg

さてと、先ずは尖り頭の山から攻めるべしっ!
d0128163_1791955.jpg

だいぶ、荷が軽くなって足取りが軽いっ
d0128163_17112536.jpg

ぎょえ〜 落ちたら地獄か天国か?   湯檜曽川の源流域だなっ
d0128163_17175453.jpg

下って登ってを繰り返し、目指すは武能岳山頂へ、、、
d0128163_1713264.jpg

登り返しの岩場がキツかったけど、軽快に流れるi-podと共に武能岳山頂を制覇♪

d0128163_17333470.jpg

こんなトレイルを独り静かに歩くのも悪くない、、、
d0128163_1721180.jpg

クマザザが秋の風に揺れる、、、
d0128163_17232029.jpg

ナナカマドが真っ赤だなぁ〜

d0128163_17242163.jpg

蓬峠の分岐からしシシゴヤノ頭を抜け七つ小屋と大源太山の素晴らしい勇姿をぱしゃっ!
d0128163_17302626.jpg

げげっ、、、 道がないやんけぇ〜 (; ̄ー ̄A アセアセ
d0128163_17362682.jpg

熊が出て来たらと思うと、、、急にひるむ164おじさん
フォーメーションB(i-pod ボリューム全開 & 鈴をストックに付け替え)にて珍道中の図
d0128163_17404840.jpg


誰にも会わない森の中、、、   歌ってごまかすの図

d0128163_17422842.jpg

足が棒になるってこう云う事か、、、   やたら歩いた、、、
d0128163_17484611.jpg


標高1000mの紅葉に癒されながら何とか下山! ふぅ〜
d0128163_17493853.jpg


よっしゃ〜後は迎えに来てもらえれば、ビールが待ってるぜぇ〜って携帯(スマホ)を
取り出すと、あれぇぇええええ(爆) バッテリーが終了、、、

淡い期待でヒッチハイク!      来る訳ね〜か、こんな山奥
d0128163_17555494.jpg

結局1時間歩いて第一村人発見!!

一生懸命に土いじりするのは、、、 実の親父だった、、、

この後、死んだように深い眠りに就いたのは云う迄もない、、、         完
by STL3968164 | 2011-10-17 10:46 | バックカントリー

★秋の縦走 茂倉岳避難小屋★編


d0128163_1622955.jpg

日が適度に傾きかけた黄昏時、、、 本日の目的地である避難小屋に到着!
d0128163_16242110.jpg

土樽から登って来たと云うパーティーにご挨拶して、間借り支度 平日ではあるももの
さすがにハイシーズンで、総勢10名がココを利用する事になった、、、、
d0128163_17171540.jpg

充分な程、広くて清潔感のある山小屋。 さっそくシュラフを広げゴソゴソと宴会の準備♪
d0128163_16305735.jpg

嬉しい事に水場(湧き水)まで1分と云う好立地だった!( 勿論事前に確認済みだけどね〜)
d0128163_16333863.jpg

トイレも2つ別棟に常設されており、完璧な環境 トイレットペーパーは無いよっ!
鍵は壊れていて閉まらんがっ、(^〆^;) 
d0128163_16372828.jpg

天空の絶景を肴にプシュッとな♪  全身に染み渡る至福のひととき
d0128163_1640554.jpg

自分と向き合う良い時間となりました。  

d0128163_1642568.jpg

今晩の夕飯は"山岳おでん"と焼き鳥の缶詰め コレで一杯♪
山小屋の食事時間は早い訳で、、、 日が暮れる前に総て終えないとねぇ〜

d0128163_1646572.jpg

d0128163_16495092.jpg

遠く、苗場山に沈む夕日に合掌   今宵満月のチューニングに向け瞑想タイム
d0128163_16541466.jpg

6時頃には皆様、就寝モード、、、マジか?   寝袋に入り、ソロっと作戦会議の図

しかし、右足の膝が痛てぇ〜(爆)    古傷の靭帯損傷っぽいぞっ、、、

d0128163_1743120.jpg


PM7:00 東の空からぽっかりと、ご来光の満月がっ!
日本時間12日午前11時5分から、24時間掛けて、地球地表上全体に浸透中

今回も、月からのエネルギーは「5倍増し」なわけですが、
今回の満月の特徴は、“物質肉体の周波数転換”に重点を置かれています。

ですので、これを敏感に察知した人々は、眠くて、眠くて、仕方がない…といった状態
だったのではないでしょうか。
そして、耳鳴りや偏頭痛も、強烈であったかもしれないですね。

d0128163_175329.jpg


さっそく、寝袋から足を出して、山小屋脱出〜  
結局、20分登って茂倉岳山頂で約2時間月光浴してました、、、   へっくしょん!

ブレてるけど、月の下の明かりは一番星の金星ちゃんね!

マントラを唱えて交信中(笑)   

==月の力=============================================

月の波動は、心や体の要らないものをふるい落としてくれる「浄化パワー」があると言われています。 月は五感・直感・霊感の感性を研ぎ澄ませる力を秘めています。 

インドのアユルベーダ(古典医学)の医学博士であるアショククマ―ルジェ―ン氏は月の地波が、薬草の栄養素やビタミンを直接肌から吸収させるのだそうです細胞ひとつひとつが活性化し、再生を促進し、老化を防ぐ効果があり。

残念なことに現代科学、そして医学においてはエビデンス(証拠は?)という三次元的な物証を求めますが、そのような目に見える世界ではないのです。

21世紀に入って、ますます目の見えない世界への理解が深まって来ております。 あなたも、三次元的な価値感から解放されましょう。

==月光浴の勧め====================================

満月の前後は、月の優しい光には素晴らしい目の見えない「パワー」がたっぷりと入っています。 この時期に月光浴をすることによりいろいろな効果が期待できます。

特に女性の皆様には月光浴がお勧めです。 何故かっていうと、貴女の美容に役立つからです。 アユルベーダでは、薬草オイルでマッサージしたあと、月の光を浴びながら寝ると最高の美容なると言われています。 古代の昔から、月光浴は最高の美人薬だったそうですよあのクレヲパトラは、湯浴みのあと全身に薬草と香油を塗り月の下でリラックスしたと言います♪

月光浴が男女問わず人を美しくする理由は、月の磁波を皮膚呼吸することによって細胞が活性化するとともに、月のオーラも関係していて、月のオーラの高い振動が人間に共鳴現象を起こしているからだそうですその振動は、体内から汚れや否定的な気を排出させ、貴方を内面から綺麗にするそうです。

つまり、月光浴をすることにより、貴女は内面から浄化され美しく変身できるのです。
日光浴と月光浴はバランスよく

月光浴はあたの「陰」のちから、そして日光浴はあなたの「陽」のちからの向上に役立ちますのでこの両者のバランスが保たれる必要があります。 

日光浴と月光浴を意識的に行ってください。  (転送記事)

月のパワーで意識レベルを向上しましょう!      
by STL3968164 | 2011-10-16 10:15 | バックカントリー

★秋の縦走 谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳 編★

d0128163_954472.jpg

頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。

d0128163_1001444.jpg

谷川岳はピークが2つある双耳峰なのでさらに下ってまた登り返すと最高点のオキノ耳に到着する。

d0128163_1025196.jpg

振り返るとトマノ耳が、、、 ここのフォールラインも厳しいね〜
谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しく、遭難者の数は群を抜いて多い。

1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2005年(平成17年)までに781名の死者が出ている。この飛び抜けた数は日本のみならず世界のワースト記録としてギネス認定されている。
こうしたところから、谷川岳は「魔の山」とも呼ばれる所以。
d0128163_1044191.jpg

うひゃひゃっ!  眼下の絶壁と一ノ倉沢がコレ!
d0128163_1082973.jpg

次に目指すは一ノ倉岳   すげぇ〜壁だなっ!  
一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、
ロッククライミングのメッカとなっているらしい。    だよねっ!
d0128163_10201785.jpg

のぞき見しながら50分くらい進むと一ノ倉岳避難小屋が見えて来た。
d0128163_10233539.jpg

ありゃ? これけぇ? 2人くらいしか入れないくらいのシェルターだった、、、
d0128163_10305916.jpg

最後の登りを頑張ってつめると一ノ倉岳三角点に到着! あれ?意外と平じゃん!
d0128163_10353347.jpg

振り返ると魔の山の双耳が可愛く見えた!
d0128163_10372351.jpg

前方に見えるのが茂倉岳である。 
d0128163_1042885.jpg

PM2:00 草原で大の字になって昼寝だべぇ〜 の図
ここにこうしていると雑念が総てすっ飛ぶ  ソロもなかなかいいね!
日光浴は能の松果体を刺激してDNAを進化させる効果があるが、さすがに紫外線がキツい!
でも30分くらい寝ちゃった、、、
d0128163_10481220.jpg

d0128163_10485878.jpg

よっしゃっ三角点到着! 
あとは10分くらい下って茂倉岳避難小屋へ向かえば本日終了
d0128163_10554787.jpg

d0128163_10563271.jpg

秋の冷たい風が笹原をなびかせる 黄昏時、明日のルートを確認し、下山
d0128163_1112717.jpg

PM3:00 無事に避難小屋到着  トイレもあるし、立派な小屋だなっ!

つづく、、、
by STL3968164 | 2011-10-15 09:50 | バックカントリー

★秋の縦走 谷川岳登山編★

以前からやってみたかった秋の縦走を遂に決行! 

初めての単独(ソロ)行動にワクワクしやす♪

AM6:15 在来線で岩原スキー場前を出発し、くるりんちょして、谷川トンネルをワープ
d0128163_18302141.jpg

AM6:39 土合駅に到着、320円の乗車券を車掌に払い21分で谷川岳のお膝元に着いた!
d0128163_1822239.jpg

土合駅からはゆっくり国道沿いに進み、いつもの駅舎まで約20分の徒歩

AM8:00 谷川天神平ロープウェイを利用して 1200円の空の旅
d0128163_1843252.jpg

紅葉シーズンとあって長蛇の列にひるむが、ちゃっかり良いポジションに座る。
d0128163_1851091.jpg

天神平に到着し、沢山のパーティーが登山する中、峠リフトが動いている事を確認するや
速攻乗車して天神峠山頂までズルこいた!   だって、バックパック重いんだもん、、、

山頂の天満宮と弁財天にご挨拶していざっ天神尾根を進み目指すは山頂。

d0128163_20133538.jpg


山ガールを発見し、さりげなく尾行を企むが、あっさり引き離される残念な164おじさん
d0128163_18595910.jpg


きっと、怪しかったんだね!  結局、出逢って、会話が弾むのは初老の健脚の方々 ぷぷっ♪

d0128163_1910899.jpg

夢とロマンとビールとお酒が沢山詰まったボルトナットのサウスコル バックパックを降ろしてひと休み♪
d0128163_19133987.jpg

オジカ沢ノ頭が朝日に映えるね〜
d0128163_19163988.jpg

d0128163_20142391.jpg

約2時間半のゆっくりハイクで肩の小屋に到着!  中は食堂にもなっています。
d0128163_19194892.jpg

トマの耳を望き冬の滑走ルートをチェックの図
d0128163_1923463.jpg

うひょ〜 下が見えない、、、( ̄ー ̄;  西黒沢と後方は田尻尾根 ココは良く滑る
お気に入りの場所
d0128163_19351821.jpg

お得意の山頂みそラーメンを堪能。
d0128163_19392150.jpg

お腹も気持ちも満たされた最高のひととき  
d0128163_19421684.jpg

谷川岳最高峰オキの耳を望む   しばし、妄想ライドに浸るヘンタイおやじ
しかし、すげぇ〜なココ!!
d0128163_1945498.jpg

フォールラインを描きながら興奮中!  
イケけるのかなぁ〜? スキルは勿論、度胸勝負だなっこりゃ!
d0128163_19535446.jpg

オキの耳1977mから天神平方面を望むの図    きわっっきわっすねぇぇえええ!
この冬、神森"KAN"正義大先生に連れってもらおっと! 勝手に計画。

いよいよ、クライマー憧れの一ノ倉岳を目指します!

つづく、、、
by STL3968164 | 2011-10-13 23:13 | バックカントリー

DEZZERT MAG VOL9

d0128163_23273160.jpg

スノーボードの楽しさ、スタイルを独自の視点で表現し、
写真とアートを中心に構成したフリーマガジンの最新号

『DEZZERT magazine vol.9』が10月8日(土)に

全国のスノーボードショップでリリース中!


今回もクリエイティブに、新たなスノーボードの魅力を表現している。
ページをめくるアナログな楽しさと、吸い込まれていく独自の世界観をチェック♪
d0128163_23305711.jpg


食べる→寝る→食べる♪    大好物なんでっ、ハイ5 X2 っす!  
by STL3968164 | 2011-10-11 23:32 | HOT NEWS