ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
その他のジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

DH SICK!


イケてる!   何気にフットブレーキ付きだし♪

d0128163_21271466.jpg

ダウンヒルレースの良いヒントになるかもっ
by stl3968164 | 2009-06-26 21:37 | HOT NEWS

水戸は水戸でも、、、


先週末は水戸GCでゆっくりデート!
ここカートの乗り入れOKで、楽チンでしたよ〜♪
d0128163_2138758.jpg


d0128163_21383596.jpg

ドライバー以外は絶好調なんだけどねぇ、、、  ><


d0128163_21412447.jpg



d0128163_21414518.jpg


d0128163_2142621.jpg

紫陽花が奇麗な季節ですね〜
by stl3968164 | 2009-06-24 21:47 | トリップ

★ MY BIRTHDAY★


先日の19日で満39歳を迎える事ができました。

数字だけで考えるとかなり怯みますが、こんな大人で良いのかな?って
思ちゃったり、まだまだ楽しむぞぉおおおおってコドモのままだったり、、、
マイペースでオリジナルな道を切り開いて行ければ最高だなぁ〜

本当に沢山の方からお祝いメールや電話連絡など、ありがとう!


d0128163_14583133.jpg


これからも人生を謳歌して、邁進したいと思います。

座右の銘

努力は実力を生み 実力は自信を生む
自信は幸運を呼び 幸運は勝利をつかむ

ゲンカイハソラマデ、、、
by stl3968164 | 2009-06-23 15:11 | HOT NEWS

”タケノコ”x2 にょっきっき


三国方面のシークッレットポイントへガイドのトシメンに連れってもらいました。
毎年違うポイントに行っていたので今回はまた新鮮でなかなかハードな
山登りだったな〜

いざっ! 路なき路を薮こぎしまくり2時間  大汗かいて減量したかもっ(笑)

d0128163_11391562.jpg


d0128163_11403916.jpg


越後の旬”ネマガリダケ”東北地方は”姫タケ”と云うらしい    ゲット!!

見つけた時の感動や収穫する瞬間の”ポキっ”がたまりまへん♪

d0128163_11451278.jpg

なかなか良いサイズ
d0128163_11461387.jpg

カッターで筋を入れてむくと柔らかくてシャキシャキした食感のタケノコがこんにちは♪
d0128163_1148106.jpg


ぷは〜っ       たまりませんなっ

自然の恵みに感謝。
by stl3968164 | 2009-06-18 11:52 | 花鳥風月

巣立ちの日


親鳥が巣立ちの準備を進め、餌を咥えた親鳥が雛に巣立ちを促し、ついに雛が巣立つまでの様子を一部始終観察することが出来ました。雛に巣立ちを促す親鳥の懸命な姿は実に感動的でした。
d0128163_11224536.jpg

佐源太の看板上部のもっこりお宿  ”スゲンタ”

雛は全員で4羽いて大中小チビといった感じで、お兄ちゃんから順に羽ばたいて巣立って行きました。
巣の下にはアオダイショウが待ち構えて居たり、自然界の現実を垣間みた貴重な瞬間だったな〜(感動)
d0128163_11274749.jpg
d0128163_11273073.jpg


ここから巣立って行くなんて何やら吉兆ですなっ♪

健やかに大空へ羽ばたいて欲しいものです。

ゲンカイハソラマデ、、、
by stl3968164 | 2009-06-18 11:33 | 花鳥風月

茶道体験


茶道の“心”を大切に所作や作法のみならず
「和敬静寂」の精神で和の心と敬の気持ちで人に接し
静かな茶室でお点前をそして落着いて一服のお茶をいただく時間の意味深さをお稽古を通して体験させて頂きました。
d0128163_1410787.jpg


茶室は田園調布の閑静な住宅地の中です。
妻のお点前を見学し、ご挨拶の仕方・茶室の説明・お菓子と薄茶のいただき方を
有保先生に指導して頂きました。

お茶菓子と一服♪


d0128163_1411733.jpg


”結構なお服加減でございました。”

蛍をイメージした和菓子だそうです。   粋ですなっ


こころ和む貴重な体験でした!   
by stl3968164 | 2009-06-10 14:37 | 花鳥風月

ロボマス? メカヤマメ?


お気に入りのポイントへ朝早く起きて小型ミノーを流しにお散歩、、、
d0128163_21203835.jpg


d0128163_2112316.jpg

先日、Y師とT師に連れてってもらった釣具店で購入したコイツをテスト!

さっそく、アタリが♪     カメラ片手に引きを堪能。
d0128163_21135088.jpg

いきなりガツンっとブルりんちょ!!(驚)
d0128163_21151475.jpg

スーパーヤマメの予備軍?    ニジマスにも似てるような、、、、
 メカヤマメ?  ロボマス?

この日の釣果は2匹の良型サイズでした。

d0128163_21201537.jpg



スーパーヤマメ&サクラマスを釣りてぇええええええ!
by stl3968164 | 2009-06-06 21:36 | HOT NEWS

★幸せを運ぶ青い鳥★


ココ数日で異変に気づいたのですが、佐源太の表札の上が
何やらモッコリ♪してきたような、、、
d0128163_20305962.jpg

d0128163_20302690.jpg

よ〜く観察して見るとオオルリのツガイが巣造りに勤しんでいました!

オオルリ(大瑠璃:学名Cyanoptila cyanomelana)とは、
スズメ目ヒタキ科に分類される鳥。
d0128163_20403520.jpg


d0128163_203944.jpg

日本へは夏鳥として渡来・繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する。
高い木の上で朗らかにさえずる。 姿も囀りも美しい。
d0128163_2035128.jpg

全長約16.5cm。雄の背中は尾も含め光沢のある青で、尾の基部には左右に白斑がある。喉、顔は黒で腹は白い。雌は頭から尾にかけて背面が茶褐色で、喉と腹は白い。胸と脇が褐色。 また、雄が美しい色彩になるには2~3年を要すると考えられ、若鳥時代の雄の羽色は雌の羽色と似た茶褐色で、背面の一部と風切羽及び尾羽に青色が表れているだけである。 コルリ、ルリビタキなど共に、「青い鳥」御三家の一つである。

鳴き声

地鳴きはクッ、クッ。さえずりは、美しい声でゆっくりとピリーリー、ポィヒーリー、ピールリ、ピールリ、ジィ、ジィと鳴く。

日本三鳴鳥のひとつ。(他はウグイスとコマドリ)




みなさん、メーテルリンクの「青い鳥」という作品をご存知ですか?
d0128163_20433311.jpg

 むかしむかし、あるところに、まずしい二人の子どもがいました。
 お兄さんの名前はチルチル、妹の名前はミチルと言いました。
 クリスマスの前の夜のことです。
 二人のへやに、魔法使いのおばあさんがやってきて言いました。
「わたしの孫が、今、病気でな。しあわせの青い鳥を見つければ病気はなおるんじゃ。どうか二人で、青い鳥を見つけてきておくれ」
「うん、わかった」
 チルチルとミチルは鳥カゴを持って、青い鳥を探しに旅に出ました。
 チルチルとミチルがはじめに行った国は、『思い出の国』でした。
 二人はこの国で、死んだはずのおじいさんとおばあさんに出会いました。
「人は死んでも、みんなが心の中で思い出してくれたなら、いつでもあうことができるんだよ」
 おじいさんは、そう言いました。
 そして、チルチルとミチルに、この国に青い鳥がいることを教えてくれました。
 ところが、『思い出の国』を出たとたん、青い鳥は黒い鳥に変わってしまいました。
 チルチルとミチルは、つぎに病気や戦争など、いやなものがいっぱいある『夜のごてん』に行きました。
 ここにも、青い鳥はいました。
 でも、つかまえて『夜のご殿』を出たとたん、青い鳥はみんな死んでしまいました。
 それから二人は『ぜいたくのごてん』や、これから生まれてくる赤ちゃんがいる『未来の国』に行きました。
 どこにも青い鳥はいましたが、持ち帰ろうとすると、みんなだめになってしまうのです。
「さあ、起きなさい。今日はクリスマスですよ」
 お母さんのよぶ声が聞こえました。
 目を覚ますと、二人は自分たちの部屋のベッドの中にいました。
 青い鳥を探す旅は、終わったのです。
 チルチルとミチルは、とうとう青い鳥をつかまえることが出来ませんでした。
 でも、チルチルとミチルが、ふと鳥カゴを見ると、中に青い羽根が入っているではありませんか。
「そうか、ぼくたちの飼っていたハトが、ほんとうの青い鳥だったんだ。しあわせの青い鳥は、ぼくたちの家にいたんだね」
 二人はお互いに顔を見合わせて、ニッコリしました。
 魔法使いのおばあさんは二人に、しあわせはすぐそばにあっても、なかなか気がつかないものだと教えてくれたのです。

”幸せ”はいつも自分の心が決めるのでしょうから、 心が豊かでありたいと思う164なのでした。

おしまい
by stl3968164 | 2009-06-06 21:05

★秘湯 赤湯温泉 後編★

すっかり温泉を満喫して釣り上げたイワナを薪ストーブでじんわり、、、
d0128163_20202839.jpg

d0128163_20223957.jpg

ここはランプのお宿としても有名で情緒ある雰囲気
人情深いおばあちゃんのもてなしが、体も心も癒してくれました〜

3年熟成のキノコのみそ汁は絶品です♪


d0128163_20324390.jpg


d0128163_20345810.jpg

早朝4時半起きで、お散歩がてら釣りに、、、
山口館から3分の沢で早速ひと振り
d0128163_20373342.jpg

ここは天然イワナの宝庫です
d0128163_20381712.jpg

アタリも食いも絶好調で随分楽しかった〜

d0128163_20393363.jpg
d0128163_20413273.jpg

宿の少し先にある野湯。湯の赤さはここが一番
大きな岩の下から湯が湧いています。深さは30〜50cmほどで、下は柔らかい砂

d0128163_20432055.jpg
d0128163_20435372.jpg

帰り路の棒沢で釣り上げたイワナもなかなかの型でした。

d0128163_20454059.jpg

ヤマカカシも二度遭遇    危険もつきもの 頚腺に毒腺を持つため、深く噛まれると危険

d0128163_20481533.jpg

猿の腰掛け、、、  

ほんと、思ったよりハードだったけど貴著な体験がまた出来て良い刺激となりました。
by stl3968164 | 2009-06-04 20:50 | トリップ

★秘湯 赤湯温泉★前編


去年から気になっていた秘湯に”一時間の散歩でイケる秘湯らしいよ”
と両親を誘いアタック! 

しかし、とんでもねぇええええ 事態に、、、

苗場スキー場から林道を車で6km。そこから先の5kmは登山道なので歩いていくしかない、山の湯です。
はじめのうちは林道の続きなのでなだらかな道ですが、川を渡ると木の根が階段状に出たでこぼこの道を歩いて行かねばなりません。これがけっこうキツかった。
d0128163_1939088.jpg

d0128163_19401512.jpg

途中のトラバーストレックは結構ハード
d0128163_19413019.jpg

幻想的な森の中を1時間半程ひたすら歩き、、、
そして、最後は急なつづら折れの道を降りていきます。
ここら辺になると疲れもピークでしたが良い支流を発見!!
降りきったところでバックパックから渓流竿をシャキ〜ン♪
d0128163_19445998.jpg


d0128163_1950348.jpg

淀みで早速両肩の天然イワナをゲット♪ 疲れも一気に吹っ飛びました。


d0128163_19531464.jpg

うぉおおおおおっ!   人骨? 頭蓋骨に角が、、、
鬼の子供?餓鬼? たまたま発見するも知らんぷりっ♪  
見てない事にしてスルー (えへっ)

d0128163_19552486.jpg

んでもってようやく到着、林道終点から2時間ほどの歩きでした。
d0128163_2063180.jpg


d0128163_2073630.jpg

早速、極楽たまごの湯へ、、、  この環境ヤバしっ!!
泉  質 カルシウム・ナトリウム−塩化物泉
泉  温 56.7度   源泉はめちゃめちゃ熱いっ
  
d0128163_2011199.jpg


続いて薬師の湯 は屋根がかかっていて、雨の日でも湯に浸かることが可
宿が今の位置に移る前はここに建物があり、内湯だったそうです。
by stl3968164 | 2009-06-04 20:14 | トリップ