ゲンカイハソラマデ、、、
by STL3968164
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ココロノアンテナ!

ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
検索
その他のジャンル
画像一覧


カテゴリ:スピネタ( 21 )

貝掛♨でウエサク祭


昨日は貝掛♨でウエサク祭しました♬
5月の満月の日、ヒマラヤのウエサク渓谷では、満月の強いエネルギーが降り注ぎます。
その日、釈迦が悟りを開いた日とも云われております。
その満月のパワーは、ウエサク渓谷だけでなく、全世界中に降り注がれます。

宇宙のパワーと共にムーンヒーリングパワーが地球に降り注ぐ、パワフルな満月を祝うお祭り

その日、天空の門が開き、天界と地上界の間に通路が開け、ムーンヒーリングパワーが、ひときわ強いエネルギーで降り注ぎます。

満月タイムは、5月4日の12時42分のお昼になりますので、今回の満月は5月3日、4日と2日間連続でそのパワーを楽しめますぞ。

d0128163_87520.jpg

d0128163_8113712.jpg

尊天とは、「宇宙の大霊であり大光明、大活動体」であり、私たち人間をはじめ万物を生かし存在させてくださる宇宙生命・宇宙エネルギーであって、そのはたらきは愛と光と力となって現れる。

愛を月輪の精霊ー千手観音菩薩
光を太陽の精霊ー毘沙門天王
力を大地の精霊ー護法魔王尊
のお姿であらわし、この三身を一体として「尊天」と称するのである。

「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く」と祈り
「すべては尊天にてまします。」とお唱えするのである。
祈りのことば

月のように美しく
太陽のように暖かく
大地のように力強く
尊天よあふるるみ恵みを与えたまえ

※鞍馬山入山時に頂く鞍馬山案内書引用
by STL3968164 | 2015-05-04 08:14 | スピネタ

天狗の棲む山へ



d0128163_9333975.jpg

子どもたちの健やかな成長を願って、親都神社の北側から山の中腹にかけてワイヤーが張られ、約100匹の鯉のぼりが大空を泳ぎます。この勇壮な眺めは、中之条町の風物詩となっています。

d0128163_93533100.jpg


古代から祖先の霊魂を祀る山を「たけやま」と呼び、嵩山は死者の霊が山の上に集まる神聖な「霊山」として、吾妻盆地の各地から信仰を集めていました。また、この山には神様がいて、春には里におりて田畑の神となり、実りを与えてくれるとされていました。
 縄文式文化時代の遺跡も多く、「嵩山の神和利大明神として子持山の神を妻とし、鳥頭明神を子供として吾妻地方の中心的な神となっていた」と、神々の縁起を集めた『神道集』には記されています。
 
d0128163_940199.jpg

表登山道の急な坂道を登っていくと展望台に着き、さらに進むと天狗の広場に出ます。ここには鳥瞰図台とあずま屋・展望台があります。嵩山は昔、天狗の住む山とも言われ、東の峰を大天狗、中の峰を中天狗、西の峰を小天狗と呼びます。
d0128163_9402387.jpg

 広場から小天狗と不動岩へ行けますが、不動岩は鎖をたよりに登るので、足場にはくれぐれも注意。
頂上では上信越地方の山々が見渡せました!

d0128163_937317.jpg


さっそく、般若心経と不動明王のマントラを唱え土地を浄化

d0128163_9424644.jpg


d0128163_9442911.jpg


清々しい初夏のハイキングで心地よい気持ちになれました。
by STL3968164 | 2015-05-02 09:47 | スピネタ

4月4日は皆既月

3月21日の春分の日にあった皆既日食
日食は日本では見られませんでしたが、天体の配置によってもたらされるエネルギーですので、見える場所にいるかどうかは関係なく、地球にいれば受けられます

そして週末4月4日に皆既月食がありますね♫(日本時間では20時前後) 

こちらは日本で観測できますぞ!!   
d0128163_1905292.jpg

アセンション・スケジュール的には、20日夕方の皆既日食から始まり、21日春分の日のエネルギーと相まって、上位次元の波動が降り注ぎ、それが4月4日まで続くということのようです。

ゆっくり♨浸かって入浴&月光浴かなぁ
d0128163_1941423.jpg

夜桜とお月見なんてのも粋ですなっ♫    是非w 
by STL3968164 | 2015-03-30 19:01 | スピネタ

天狗の霊峰 迦葉山へ

d0128163_2362240.jpg

以前から気になっていた天狗伝説の地へ...
なんとなく、呼ばれて緊急天狗サミットです♪
釈尊が温かく出迎えてくれました。

d0128163_2372541.jpg

ウィキペディアによれば、、、
迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ) は、群馬県沼田市上発知町にある曹洞宗の寺院である。
沼田市北部にそびえる迦葉山の中腹に鎮座する。寺号は「迦葉山 龍華院 弥勒護国禅寺(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくぜんじ)」だが、一般には単に「迦葉山」と呼ばれることが多い。
d0128163_2383324.jpg

天狗の寺として知られ、高尾山薬王院、鞍馬寺と共に「日本三大天狗」の一つに数えられる。
d0128163_2385725.jpg

中峰閣(鎮守堂)に祀られている巨大な天狗面
d0128163_2393275.jpg

天狗伝説のお借り面
参拝の際には、中峯堂から天狗の面を借りて帰り、願いが成就したら、その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納し、また別の面を借りるというならわしがある。

4月からは特別開帳もあるみたいなのでまたお邪魔させて頂きます。
by STL3968164 | 2015-03-08 23:03 | スピネタ

朔旦冬至

朔旦冬至の12月22日は19年に一度の特別な日!!いよいよ新たな人生のステージの始まり!!
d0128163_1830115.jpg

今年の12月22日の新月は、冬至と重なることに気が付きました。これは、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と言って、19年に一度だけのとっても貴重な日。
d0128163_18304035.jpg

冬至を境に、太陽は刻一刻と日を長くしていきます。
新月も同じ。新月を境に、月は刻一刻とその形を変え、満ちていきます。……ということは?! この日はまさに、とってもパワフルなリセットな日であると同時に、とってもパワフルな始まりの日とも言えるのです♫

気持ちをリセットして新たな事に挑戦して行きたいと思います!!


押忍
by STL3968164 | 2014-12-22 18:32 | スピネタ

榛名霊脈の強力な龍穴の地へ

榛名神社は、強力な願望実現パワーを持つ関東屈指の激スゴパワースポット。
山岳信仰・神仏習合の霊場で、榛名山の木(文)の気に、榛名湖・榛名川の金(武)の気が交わる、
文武両道の気を持つ龍穴の地です。(大地のエネルギーがパナイ)


d0128163_16421386.jpg


随神門をくぐるとここから先は、強力な龍穴結界ですぞ!

d0128163_16465363.jpg

先ずは毘沙門天にご挨拶  オンベイシラマンダヤソワカ...
d0128163_16485987.jpg

三重塔も強力なエネルギーが降りる場所ですね〜
d0128163_1650566.jpg

ゑびすさん 事代主神ですね!

d0128163_1654547.jpg

絶世の美女 弁財天にも オンスラソバティーエイソワカ..

d0128163_16565365.jpg

大黒天a.k.a 大国主命にもご挨拶

d0128163_1711021.jpg

d0128163_1714393.jpg

社殿・御姿岩
ご神体の御姿岩(みすがたいわ)と合体した社殿前が、願望実現・大開運の強力スポット!!
ご祭神

火・土・水・山…大自然の神々と、多数の仏尊・自然霊が大集合する神霊磁場です。

【主祭神】
 ・火産霊神 (ほむすびのかみ、火の神)
 ・埴山毘売神 (はにやまひめのかみ、土の神)

【合祀神】
 ・水分神 (みくまりのかみ、水の分配を司る祈雨の神)
 ・御沼おかみ神 (みぬまのおかみのかみ、水の神)
 ・大山祇神 (おおやまづみのかみ、大いなる山の神)
 ・大物主神 (おおものぬしのかみ、大国主神の和魂)
 ・木花開耶姫神 (このはなのさくやひめのかみ、木花を咲かせる水の神)

d0128163_1731016.jpg

榛名山はには天狗話も多くある。古書に「鼻高き僧形の者、手に独鈷を持てる者…」
という天狗・満行坊(まんぎょうぼう)が住むと記す。

d0128163_176340.jpg


導かれるままにたどり着いた奇岩の上に高次の波動を感じ取れましたぞ!!

d0128163_1771686.jpg


五感を研ぎ澄ませて、榛名の大自然を感じてみませんか?
by STL3968164 | 2014-11-11 11:11 | スピネタ

奴奈川姫さま


吏神さんと奴奈川姫のお導きで越後国一宮 天津神社へ...

っとその前に、能生のご当地ラーメン アゴだしのあさひ桜へお立寄り♪

d0128163_17514910.jpg

看板ものぼりもないので、初めての方は見つけられないかも的な門構え

d0128163_17541095.jpg

地元で愛される、美味しいラーメン店です。
麺は、中太麺を柔らかく茹でてありました。(私には柔過ぎかなw)
d0128163_1757680.jpg


天津神社(あまつじんじゃ)は、新潟県糸魚川市にある神社。式内社論社で、越後国一宮なんです

連休使って山登りを予定しているため、安全祈願と神様のお使いって事でご挨拶♪

d0128163_1885629.jpg

沼河比売(ぬなかわひめ、奴奈川姫)は、日本神話に登場する神さまで、
新潟県糸魚川市に残る伝承では、大国主と沼河比売との間に生まれた子が建御名方神で、
姫川をさかのぼって諏訪に入り、諏訪大社の祭神になったというからびっくりです。
『先代旧事本紀』でも建御名方神は沼河比売(高志沼河姫)の子となっているみたいです。

いろいろなメッセージと御免状を頂けました。 ありがとうございます♪

では、旅の始めは、諏訪の建御名方神へ母君の言霊伝えに行かせて頂きます=3
by STL3968164 | 2014-06-09 17:46 | スピネタ

出羽三山信仰の聖地へ

d0128163_7145433.jpg


出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称であり、古くから山岳修験の山として知られている。開山は約1,400年前、第32代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が三本足の霊烏に導かれ、羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされている。皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となった。以後、羽黒派古修験道として全国に広がった。

d0128163_7134822.gif

d0128163_7172257.jpg

羽黒山参詣道の入り口に建つ、赤い山門が随神門(ずいしんもん)。左右に悪霊の侵入を防ぐ門番の神々(随神)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)と櫛石窓神(くしいわまどのかみ)が剣と弓矢をもって鎮座しています。



明治の神仏分離以前、この門は仁王門と呼ばれ、仁王尊と左大臣・右大臣が鎮座していました。これは元禄8年(1695)に由利郡矢島の領主生駒讃岐守(いこまさぬきのもり)が、家運の反映と極楽往生を祈って寄進したものといわれます。

人の世界と、ご神域である山を分かつ、随神門。

ここをくぐるといよいよ羽黒山に入ってゆきます。
d0128163_7164691.jpg



随神門を下ると、川のせせらぎはだんだん近くに聞こえてきます。祓川(はらいがわ)と呼ばれるこの川は、その名のとおり羽黒山へ登るために身を清めた川だそうです。

d0128163_7255696.jpg

不動明王にご挨拶していざ=3
d0128163_726525.jpg



d0128163_728556.jpg


せせらぎの祓川を越えると左手に見えてくるのが羽黒山五重塔です。高さ29m、三間五層の杮葺(こけらぶき)・素木造り(しらきづくり)で、長い軒は飛び立つ白鳥の翼のように美しく、四季を通してそびえたつ姿は優美。雪の降り積もる塔を見に来る人もいるほどです。平安期平将門の建立とされ、慶長十三年(1608)には57万石の出羽山形藩主、最上義光が修造しました。東北地方における唯一の国宝五重塔です。

d0128163_729797.jpg


参道沿いに立ち並ぶのは、樹齢350年から500年を越す老杉。その中へ歩みを進めると、清々しさに満たされてくる―これが山頂まで1.7km続く、羽黒山の参道。新たに生まれ出るための産道と伝えられる山道です。
d0128163_7294973.jpg


d0128163_731620.jpg

d0128163_7325162.jpg

今年は開山された年と同じ午(うま)年で、12年に1度の羽黒山ご縁年にも当たる。
同神社企画広報室長の吉住登志喜禰宜(ねぎ)は「震災から3年目の節目を迎え、ご縁年に合わせて、
あらためて復興への思いと祈りを全国に広めたいとの考えで、神社内が一致したと云うことで
140年ぶりの秘仏公開なんだとか♫   

d0128163_738304.jpg


崇峻天皇5年(592年)11月3日に、蜂子皇子の父である崇峻天皇が蘇我馬子により暗殺されたため、蜂子皇子は馬子から逃れるべく丹後国由良(現在の京都府宮津市由良)から海を船で北へと向った。そして、現在の山形県鶴岡市由良にたどり着いた時、八乙女浦にある舞台岩と呼ばれる岩の上で、八人の乙女が笛の音に合わせて神楽を舞っているのを見て、皇子はその美しさにひかれて、近くの海岸に上陸した。八乙女浦という地名は、その時の八人の乙女に由来する。蜂子皇子はこの後、海岸から三本足の烏(ヤタガラスか?)に導かれて、羽黒山に登り羽黒権現を感得し、出羽三山を開いたと言われている。

羽黒では、人々の面倒をよく見て、人々の多くの苦悩を取り除いた事から、能除仙(のうじょせん)や能除大師、能除太子(のうじょたいし)などと呼ばれる様になった。現在に残されている肖像画は、気味の悪いものが多いが、多くの人の悩みを聞いた結果そのような顔になったとも言われている。出羽三山神社にある皇子の墓(東北地方で唯一の皇族の墓)は、現在も宮内庁によって管理されている。

d0128163_7394159.jpg


羽黒山頂の中心に建つのが羽黒山、月山、湯殿山の三神をあわせて祀る三神合祭殿です。周囲には自然の地形に応じて建物が配される山岳寺院特有の景観が広がります。現在の社殿は江戸時代の文政元年(1818)の再建ですが、山伏が滞在する長床(ながとこ)など中世にさかのぼる構造を残した貴重な茅葺木造建築物です。平成12年国の重要文化財に指定されました。

d0128163_743532.jpg


d0128163_7433652.jpg


今回、羽黒権現(完納菩薩)に導かれるままにご挨拶出来たと思いきや、蜂子皇子に
ご挨拶するのも必然だったと云う事ですな♫ 


ありがとうございます。     合掌
by STL3968164 | 2014-05-12 07:43 | スピネタ

皆既月食 ブラッドムーン


15日は、皆既月食です。(今回は残念ながら日本では見られません。)
月食とは、地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことで、皆既月食が発生すると月が完全に地球の影に入るため、月の色が赤銅色に変化します。


d0128163_16294694.jpg

日本からは角度などの関係から、あまり見えないようですが、当日はウェザーニューズがハワイから中継をしてくれるため、映像をリアルタイムで楽しむことが出来るはずです。生中継は4月15日の14時から19時まで行われる予定となっています。今月に入ってから世界中で大地震が頻発しているのがちょっと気がかりですが、珍しい現象である赤い月を是非とも見てみたいですね。


スピネタ的にはホウホウ先生のブログから拝借 

いつもの満月よりも更に太陽、地球、月が一直線上に重なります。

少しハードな日になるかも知れませんが、これから始まっていく「地球の変化のサイン」の序章になるかも知れません。

この日、日本では東日本、北日本で月出帯食の部分月食になります。ただ地平線近くですので、東京でも少し見にくいかも知れません。

日本全国で見える皆既月食は、10月8日の次の皆既月食になりまして、時間も見頃な午後8時前後の今年1番の天体ショーになります。

その日は、赤銅色の満月が見えるかも知れません。

そして次は、2015年4月4日の皆既月食。

その次は、2015年9月28日の皆既月食と、これから皆既月食が4回連続続きます。

ちょうどこの4回の皆既月食の日には、4回ともユダヤ経の宗教的祭事の日と、不思議に偶然にも重なっております。

これは数年前から「最後の審判」かとも噂されている、祭事と皆既月食のランデブーであります。

これからはじまる4連続の皆既月食は、何か大きな地球の変化ともいえる、「空のサイン」になることでしょう。

その4連続の1番目の皆既月食が、明日の満月です。

今日、明日すぐに、何かがあるということはありませんが、今後の変化のはじまりとなる日になるはずです。

2週間後の4月29日には、なんと南極で金環日食が起きます。そして2015年3月20日は、その対極となる北極で皆既日食が起こります。(どちらも船や飛行機をチャーターしないと見えないです。)

この前にも少し書きましたように、本格的な変化の序章が、明日の皆既月食から始まりそうです。

まぁすぐには何も変わりませんから、1年かけて変化していきますから、明日は普通に満月を楽しめばいいと思います。

明日は、いつもの満月よりもパワフルな、癒しのムーンヒーリングパワーが来ているはずですから・・

トラウマやストレスのある方は、満月に向ってそんなエネルギーを手放しましょう。

そして石の浄化やあなたの浄化をしてください。(転載ここまで)


☆ウェザーニュース 赤い月特設サイト
☆ウェザーニュース 赤い月特設サイト
by STL3968164 | 2014-04-15 11:26 | スピネタ

年末にカリフォルニアに現れたミステリー・サークル!




カリフォルニアのミステリー・サークルが解読された!アイソン、そして2月19日!



年末にカリフォルニアに現れたミステリー・サークル!
d0128163_7193531.jpg


とても興味深い解読が出てきました!

予言に言われてきたブルースター・カチーナであるアイソン、その地球への接近を示しているというのです。

サークルの中央の四角い部分は、CCDカメラのチップ、その中に描かれているのはモールス信号でアイソンの名前、そして点字で192です。CCD カメラが下に小さく突き出ていて、その視野の中にちょうどアイソンとおぼしき物体が入ってきた様子が描かれています。

周囲の円周上の球体はやはり天体で、太陽と地球と月を表しており、この3者の位置関係が重要です。

2月19日(19-2)に、この3者はこの配置を取るのだそうです!

その日に、アイソンが 、地球からCCD カメラで観察できる範囲に入ってくるということです。

既に、アイソンは彗星ではありませんから、尾を扇形に広げた形はしていません。先端が細く、後ろが太くなった直線状をしています。

この形が、オーストラリアの古代絵、アボリジニが描いたといわれる岩絵に描かれている彗星にそっくりなのです。

この古代絵が意味しているのは、二つの世界の再統合だそうです。二つの世界とは、この人形が手にしている太陽、そして牡牛座、つまりプレアデスです。

d0128163_7201786.png




わくわく、どきどきします!

2月19日に、アイソンが地球の視界に入ってくるということ? 2014年2月19日というのは、多くの予言で、何らかの宇宙的な出来事が起こる日とされているそうです。

まさに、その同じ日を、このクロップ・サークルも指していたわけです。

二つの世界の再統合。私たちにも、はっきりと感じ取れるイベントだと素晴らしいのですが

転送ここまで

アイソン彗星は巨大なマザーシップなのでは? 
by STL3968164 | 2014-01-07 07:18 | スピネタ